メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ねここは笑っていた

それが私たちに心配をかけない為だという事は、痛いほどわかっていて

でも私が慰めても何にもならない

ねここ自身が自分の気持ちに決着を付けないと


 ねここの飼い方、そのじゅう にかいめ


「あ~、疲れたねぇ。さて、ご飯の支度にしますかっ」
「はぁ~い☆ ねここエビフライがいいの~♪」
私たちはエルゴでの大会から帰宅。ねここはその大会で3位と、大健闘だったと思う。
思うのだけど、今のねここは見ていて少し痛々しい。
カラ元気も元気のうちとは言うけれど、それすら空回りしている気がして。
今も私の上で元気にはしゃいでいるけども、どことなく無理して声を上げているのが私には見え見えで。
でも、ねここが決めたことだから。
甘えても良いよって言ってるのに甘えてこないのは、ねここの成長を促すものだと思うから。
子猫は何時までも子猫じゃない。
ねここに一回り大きく成長してほしいから、今の私はあえて何も言わない。
……でも数日このままだったら耐え切れずに何か言っちゃいそうよねぇ。ダメな私、トホホ。
「そうそう、作ってる間に二人ともシャワー浴びちゃいなさい。さっぱりしてからの方が美味しいよ」
「了解なのっ! それじゃねここがいっちば~ん♪」
そう言うとねここは私の頭から飛び降りて地下へと駆け抜けていった。
……やっぱり、ヤセ我慢だったのかな。
「……ま、いいでしょ。……あぁ雪乃ちゃん、神姫用のシャンプー切れてたと思うから持っていってあげてね」
今回は雪乃ちゃんにお願いする事にしてみよう。
雪乃ちゃんも家族なんだし、同じ神姫である彼女になら話せることもあるかもしれないしね。
それに、鈍感みたいだしね彼女。
ねここのことが大好きなら少しくらい気づいてあげようね、雪乃ちゃん。
私は顔にはてなマークの浮かばせつつも、きちんとシャンプーを届けに行く雪乃ちゃんを見送ると、台所へと歩みだしたのでした。
「さぁて、美味しいご飯作って、おいしーのー☆って言って貰わないとねっ」

「ふぅ、できたっと。」
エビフライを綺麗に盛り付けて完成。上手に出来たかな。
……と、ふと壁に掛けている時計をみると、あれから結構時間が経っている。
う~ん、万が一なんてことはないと思うけど、やっぱりちょっと心配になっちゃうよね。
と、自分に言い訳を付けてコッソリと地下へ降りていく。

神姫用シャワーと言っても、元々あった地下のシャワー室で、備え付けのシャワーの蛇口部分
(コックで普通の蛇口にもお湯が出るやつ)に神姫用シャワー装置を取り付けて、
小さな神姫でもお湯が出せるようにコック部分(押すと一定時間お湯が出るタイプのアレ)にヒモをつけてあるだけの代物なんだけどね。
と、そんなことは置いといてシャワー室の前まで来た私なんだけど、シャワーの音はしなくなってるし、話声すらしない。
ねここの服はシャワー室の外のカゴに入ってたままで、着替えも使った様子はないからまだ中にいる……のかな。

「おじゃましま~す……あら」

こっそりドアを開けてみるとそこには、二人ともあられもない姿かつ互いの股間に頭を埋めたまま重なり合う格好でダウンしてて。
……コケて転んで頭打って気絶?
そんな訳ないわよね、普通。
「……ま、確かに色々忘れるには手っ取り早い方法なんだけどね。私もそうだったし」
まぁ、二人なら同意の上だったのだろうし、お互い好きなんだし(特に雪乃ちゃんは)いいよね。
それに私じゃ……いや、考えるのやめとこう。
さぁて、二人の後始末をしてあげないと。このままじゃ色々問題があるし、知っておいて放置するのも可哀想だしね。
と、私は二人を掌で優しく抱き上げながら思うのでした。


コンコン…
「はぁ~い、ちょっと待ってね」
私が自室で本を読んでいると、ドアを叩く音が聞こえてきて。
ドアを開けると、そこには申し訳なさそうな感じで時折チラチラと目線を上にやる雪乃ちゃんと、まだ半寝惚け状態のねここが立ってて。
「……あの、その……お世話を……おかけしまし……た」
顔を真っ赤にしてボソボソと喋る雪乃ちゃん、普段の凛々しい姿は何処へやら。
「お~な~か~すい~た~の~ぉ~……zzz」
ねここ、貴方は顔洗ってらっしゃい……
私はくすっ、と軽く笑うと
「別にお世話でもなんでもないよ、さてそれじゃご飯にしましょうか。」
と何時も通りの笑顔で二人を迎えてあげることにした。
「あ、そうそう。ちょ~っと待っててね。今夜はお赤飯にするから♪」
「……はひ!?」
まぁでも、このくらいはいいよね、ふふ。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー