メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夢、夢を見ていました。
いつも見ている夢、大切な何かを落としていく夢。








だから……私は、中華街で味勝負を始めた。

「れ、ればにら定食!?」
「……定食っ!?」
「美味そうだな」

目を覚ます、なんて夢だ。

「起きたか?」
見詰める影、ずいぶんと小さなその影は……
「……ういっす、目が覚めました、晶ちゃ……いえ、晶さん」
理不尽な暴力に弱い俺は瞬時に訂正。
ぶっちゃけ、秋奈さんだけで勘弁してください。
「……ん、おかしいな、お前とはあった覚えが……」
「まあ、俺は二撃目っすけどね……」
「笑うのはどーかと思います、マイロード」
たはは、と笑う俺、苦笑する碧鈴
「ん、そこのハウリンタイプの神姫は……たしか、ええと、鳳凰杯で……」
顔は大概共通なのに、声とかしぐさで
神姫への愛を感じる言葉である。

「そ、あの黒ぷちぐるみの中身」
「あー……そのなんだ、その、あー……」
ちょっとバツの悪そうな晶ちゃ……いや、晶さん。
「で、えーと、だな、その……す……かった」
「ん?」
途中から小声で言われても聞き取れない。
「すまんかったな、と言ったんですよ、マイロード」
「で、でええええい言うなぁー!?」
真っ赤になってじたじたする晶ちゃ……さん。
「……よしよし」
思わず碧鈴と同じ流れでなでなで、と……
「あ……って貴様褒めたところでぇー!?」
一瞬和んだ顔したくせにやれやれ、可愛いなあ。
「……で、そろそろ用件を言った方が良いぞ主」
「あうっ、や、舐めちゃ、駄目ですって、あっ」
絡み合うストラーフ同士、ってディスが悪魔形神姫にセクハラしてるし、こいつは。
つーかいつ着替えた黒いゴスロリにっ!?

「……」
「あーきーらーさーん?」
固まってます、つーか真っ赤になったまま見てないっ、微妙に手で隠してるけど見てるし隙間からっ!?
真っ赤になりながら、もじもじって可愛いなあ、晶さん鼻血鼻血ー!?……って、え?
「なにその俺に剣呑な目ー!?」









(ごす、めごしゃっ、ばきいっ、ごすっ、ぐりぐり)



しばらくお待ちください。





「……ふう、まあなんだ、A&Ωの使いだろう?」
色々なことがありつつ、取り合えずカウンターに戻っている晶さん。
その影には、白い甘ロリの悪魔形、さっきディスにセクハラされてたほう、アルマと言うらしいのと
慰める、ディスと御そろいの格好の天使型、えーっと
「ロッテって言いますの~♪」
「口に出してた、俺?」
「盛大に出しておった」
うわ、俺盛大に間抜けだなあ……碧鈴?
「……??」
疑問系な顔、何かまあ、俺も違和感を感じるが。
「……ええと、ロッテさん、ですよね?」
「はいですの~♪」
「……声のサンプルパターン、葵さんと一緒ですか?」
碧鈴の一言に世界が凍った、何故に?
「……あ、ああそうだなっ、うん、そうだそうだ、妹が声を入れたいといってなあははははは、ロッテ、例の荷物をとってきてくれっ!」
この間早口十秒。
そそくさと行くロッテちゃんが、口にチャックのジェスチャー、黙ってて欲しいってこと、かな?
「……ま、言う義理もないしな」
「何か言ったか?」
「いいえなにも」
と、ロッテちゃんが持ってきた、神姫収納用アタッシュケース、にしては大きいな。
「……ふん、まあいい、内容は、神姫一体と、神姫用の武装だ、しっかりと持っていけよ?」
預けられる、あと最後に
「ああ、そうだ、これは選別だ、くれてやる」
ディスはさっき着てた黒いゴスロリドレスを、碧鈴には青いゴスロリのスーツを着ている、男装っぽいのも似合うな、碧鈴。
「じゃあ、息災で、晶ちゃん」
なでなでダッシュ。
後から猛烈な勢いで怒る晶ちゃんが見えたが、するーするー、っと手のそれは落とさないようにしないとな、ってあれ、無い
「ふむふむ……これをこうして、っと」
「えーと、待てディス何をしてる」
「なあに、ちょっと覗くだけじゃよ、覗くだけ」
「ディス、ちょっと、やめたほうが、中から機動音が」
「へ?」
開封されたスーツケースから、神姫の、フォートフラッグの、顔が、バイザーを上げて、覗いていた。
「……新しい、上官殿?」
「マジかよ……」
一度開けた以上は、カメラで顔を認識している、が、放置すれば……未登録停止、になる……
無垢な目が俺を覗く、じっと、じっと、見ている、だから俺は微笑んだ、判っているのに
そのまま、未登録停止した、彼女をスーツケースに戻して。
「絶対怒られるなあ、俺」
「……ですねえ」
「仕方なかろう主の手がすべったのだから」
「お前それ素だったら怒るからな」
ディスに釘刺し、まあ、しょーがない、丁寧に言えばなんとか、なんとか。


「つっっの馬鹿脳無しっ!?」
「まあ、マスター登録は、その、してないですし」
暴力メイド(男)の叱責を止める、和服の女性。
まあ、A&Ωに戻ってきて事情説明したらこーなった、くそう。
「まあいーよ、起動すんぞ素直」
「あ、はい」
スーツケースを開けて、起動する素直さん。
「砲台形フォートフラッグ、起動します」
独特の起動音とともに再起動。
「マスター登録と、名前を付けてください、上官殿」
……向いたのは、俺
「……」怒った様子のメイド
「……」困った様子の浴衣。
「えーっと、何で俺」
「……ひとめぼれ」
「なんだってー!?」
可愛くバイザーを下ろして顔を隠す、神姫
「で、えーと、素直さん」
「あ、はい」
「こいつに、なんて名前を?」
「へ?」
「おいてめえ、何の」
食って掛かるメイド。
「……君らのつけたい名前にしてくれ……つーか、すまん」
ふかぶか、と頭を下げる。
「ち、しょーがねえ、素直」
「……ええと、その」
小声で教えてくれる。
「ティータ、妖精女王、ティタニアの略で、巨人の娘の掛詞も兼ねてるらしい」
「ティータ……よろしく、上官殿」
こんな、儚い顔見せられちゃ、どーしよーもねえよな、俺。



「で、ええと、その」
「俺らが払った代金払えよてめえ」


やっぱり、そんなオチですか。






泣けるでぇ。

徒然続く、そんな話。 第十節(後)
日はまた昇る。 節終


続く  戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー