メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

剣の王妃、戦場を去れば神の姫君




アルマの戦績記録カードを受け取った後も、私・槇野晶は現実感が今一つ
乏しかった。いくら小さな島とは言え、天空に浮かぶ大陸ごと対戦相手を
斬り捨てて……否、消し飛ばしてしまったのである。そんな中で冷静さを
保てたのは、当事者の神姫二人……そしてクララのみである。ロッテも、
普段の彼女からすれば落ち着いていた方だ。神姫のみのシンパシー故か?

「しかしアルマや。あの巨大な爆炎……魔剣の能力、ではないな?」
「はい。電磁加熱機構をオーバードライブさせただけですよ、ただ」
「……エネルギーを無駄にせず、魔剣に蓄熱させて活用したんだよ」
「そうですの。わたしとアルマお姉ちゃんの剣は、頑丈ですから♪」
「あ、あたしの言葉~……とにかく、あれはマイスターの力ですっ」

確かに“ヨルムンガルド”と“マビノギオン・アサルト”の発生熱量を
全て一点に集約すれば、起爆は可能……だが、それだけでは自分の躯が
ダメージを負ってしまう。恐らくは、刀身自体を耐熱装甲代わりにして
爆風を誘導したのだろうが……それを為しうるエルテリアの力。そして
複雑な挙動を容易に制御するアルマの潜在能力。恐ろしい娘だ、有無。

「にしてもだ。あれらを見て、驚くのが神姫より人間ばかりとはな」
「“肉の躯”だと、多分兵隊さん位しか想像できないと思いますの」
「ですね……あたし達は、戦う定めに身を置く“武装神姫”ですし」
「戦の中にあればこそ、敵の力を冷静に見極める能力を得る……か」
「と言っても全く驚かなかった娘は、流石に居なかったと思うもん」

“人間”として産まれ生きてきた私では、確かに現象を解析こそすれど
あの“一撃”を感覚として“理解”する事は、さぞ骨が折れるだろう。
だが、それでも私はやらねばならん!“アルファル”を完成させる為、
この娘らの為に……同時に私の“追求したい”エゴの為でもあるがな?

「……よし、着いたぞ。今日の祝勝会はここでやる、いいな三人とも」
「お、お茶漬け屋“ばんじゃ~い”?……お茶漬け食べるんですの?」
「ここの鮭茶漬けが、旨いと聞いてな。アルマは塩味を好む質だろう」
「あっ……は、はいっ!でもいいんですか、あたしの好みなんかに?」

『なんかに』などと言うな……と指でアルマの口を塞ぎつつ、入店する。
秋葉原からほど近い場所だが、流石に神姫を連れた客は少々珍しい様だ。
襷を掛けた若い女性店員が、物珍しそうな目をしつつ案内をしてくれた。
……何故かクララが、私の胸で落ち着かん。こっそり理由を聞いてみる。

「店員さんは、塾の……ほら、倭さんなんだよ。フィオラを欲しいって」
「なんと。狭い様で広いがやっぱり狭いな、東京は……うぅむ、意外だ」

この店員は、クララがHVIFの姿で“通っている”塾の友達らしい。
とは言え、彼女は“神姫のクララ”を見た事がない。私も初めて逢う。
不用意にクララの“声”を聞かれねば、悟られる心配は少ないだろう。
それに今日はアルマの祝勝会。倭とやらには、今日の所は黙っておく。

「はい。それじゃ、鮭茶漬け二の梅茶漬け二ですね……食べられる?」
「何も私一人で食べる訳ではない故な。気にせず持ってきてくれぬか」
「は、はぁ~……まさかその神姫達が食べるんじゃないです、よねぇ」
「ふふ、そのまさかだと言ったらどうする?さ、準備を頼むぞ店員よ」

自らも神姫を伴侶としている故に、私の言葉はより一層驚きの的らしい。
それでも、カリカリに灼け脂の弾ける鮭が出てくるのは間もなくだった、
仕事は手を抜かずきっちりこなす性格らしい。気に入ったぞ。身を解せば
ジューシーな汁が湧き出す鮭。柔らかく見るだけで唾液を産む紀州の梅。

「蓮華も三つ、倭とやら気が利くな……さ、皆遠慮せずに食べるが良い」
「はいですの~♪マイスターとアルマお姉ちゃんは、鮭の方をどうぞっ」
「ボクとロッテお姉ちゃんは梅茶漬けだよ。ほら、アルマお姉ちゃんは」
「あ、覚えていてくれたんですね?……あたしが酸っぱいのダメだって」

そうなのだ……情けないが、私達四人は食べ物の好き嫌いを持っている。
中でも私とアルマに共通するのは“梅干しが食べられない”という事実。
私の梅干し嫌いは、碓氷灯にも共通した先祖由来の性質らしい。アルマは
もっと大雑把に“酸っぱい物が嫌い”なのである。マリネも苦手らしい。

「じゃあ、私も戴くとしようか……まだ手伝いは不要か、三人とも?」
「はい。コレ位の“荷物運び”なら、お店でもやりますしね……っと」
「でも、鮭の方は少し大変そうかな?ボクらのは、これだけだもんね」
「なんだか、お昼にやっていた大豆運びのゲームを思い出しますの♪」

ここで“茶漬け”を選んだ己の不明を呪う。そう、ご飯に乗せる具材。
神姫の躯では、これらを解してお椀へと移す作業が非常に手間なのだ。
だが、普段“食事”を行っている彼女らには、それも苦ではない様だ。

「よし。では……戴きます。お前達も準備が終わったら、食べるといい」
「はい、無事完成ですの!じゃあ皆蓮華を持って、戴きますですの~♪」
「戴きますなんだよ……はむ、ん……あちち。でも酸味が美味しいかな」
「戴きますッ。はふはふ……あむ。ん……鮭が美味しいです、とっても」
「気に入ってくれたなら何よりだ。ん?アルマや、何をしている……?」

鮭茶漬けが入った蓮華を抱え上げて、アルマが隣のクララに突き出す。
それを美味しそうに、クララが食べる。そして、次はロッテに……!?
──そう!『あ~んしてください♪』というあのセリフと共に、だッ!
予期せぬシチュエーションを目前にして、思わず私も動揺してしまう。

「じゃあ次は……マイスターですっ。はい、あ~んしてくださいね♪」
「て、照れるじゃないかアルマや……あ、あ~ん……んむ、んむ……」
「如何ですか?って同じ鮭茶漬けだから、有り難み薄いでしょうけど」
「う゛、そんな事無い!そんな事は無いぞッ!!……だってな、その」

──────大切な人にしてもらうと、美味しいからね。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー