メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

約束されし、王妃の宝剣(後編)




“舞剣”エルテリアを抜き放つ事に成功したアルマ。まるで産まれた時に
持っていたが如き軽妙な剣捌きを持って、静かにティールを待ち受ける。
対するティールは、今までと全く違うアルマの“明鏡止水”が如き気迫を
受け、飛び込む機を狙っていた……だが先に動いたのは、アルマだった!

「行きます……はぁぁっ!!」
「ぬぁ、っ!!速い……斬撃の重さも鋭さも、今までとは違う!?」
「もう一撃……せやっ!!」
「くそっ!……そこを動くなぁぁっ!!」

一振り、双斬り、三流れ。紅き星が空に飛び散る様な、鋭い刃が着実に
ティールの装甲を斬り飛ばし、抉っていく!実剣としてのマテリアルや
異能による強度。それ自体が、アルマのセンスと合致して強大な威力を
発揮しているのだ。だが、これが魔剣の“真の力”とは私には思えぬ。
アルマは、わざわざリクエストしてまで“剣”の増量を求めたが……?

「ッ!?……今度は、あたしの力で受け止めましたよっ……!!」
「くぅ……これで、良い勝負が出来そうだ……ぐぁっ!?」
「安心しないでください。この子の力、これから見せてあげます」

アルマへのジャンピングパンチを受け止められたティールが、倒れる。
突如飛来してきた“ヨルムンガルド”の一つが、彼女のバックパックを
切り裂いたのだ……違う!十二の“刃”全てが、浮いているだとッ!?
何の力か分からぬが、先程弾き飛ばされ地面に刺さっていた剣が全て、
繰り糸で引っ張り上げられる様に浮かび上がっている……私も驚きだ。

「こ、これは……剣を統べるとは、こういう事か!?」
「そうです……さあ、舞い踊れ!剣の騎士達よ!!」
「なっ!?う、うわあああっ!?ぐ、うああっ!」

アルマの踊る様な指示に突き動かされた剣達は、一糸乱れることもなく
飛翔して、ティールに次々と鋭い斬撃を加えていく。ダンスの様にな!
360度死角のない全方位攻撃に、みるみるティールは削られていく。
そして剣はアルマの周囲に戻り、臣下の礼を取るが如く垂直に浮かぶ。

「ぐ……ば、馬鹿な。ブースターなど仕込んでいないブレードが……」
「じゃあ、もう一つ見せてあげます。マイスターにお願いしたこれを!」
「こ、これは……剣が、二手に別れて……“ぷち”に変形する!?」
「我が求めに応じ、出でよ。イェナエルとフェルエル!!」

前日渡した“ヨルムンガルド”の鞘は、その口部分に爪を仕込んでいる。
アルマのオーダー通りに作ったそれは、てっきり格闘用かと思っていた。
だが、違った!十二の刃は、アルマの命によって二羽の黒鳥と化した!!
“マビノギオン”側の武器に仕込んだジョイントと“ヨルムンガルド”の
ジョイントを上手く利用した姿だ。爪は、その脚となっていたのだ……!

「さぁ行きなさい、神鳥エルディナスッ!……ゴーッ!!」
「ぬ、ぬうううっ!?くっ、来るな!邪魔だぁっ!!」
「すごいんだよ。“魔術”でもなく、生き物の様に刃を操ってる」
「あの剣は文字通り、剣の王様ですの……」

鳥の鳴き声こそ出さぬが、忠実な王の僕はティールを幾重にも切り裂く。
この動きは、複雑に連結したジョイントを有機的に旋回させねば無理だ。
だがそんな機能は無論の事、浮遊機構さえも全く仕込まれてはいない……
皆が驚嘆している中、アルマはエルテリアを構えて突撃し……一閃ッ!!

「ぐぁっ!?……く、ぅぅ……見事だ、見事だアルマよ!だが……!」
「分かっています。あたしだって、このまま放ってはいけないです」
「ならば……来い!貴様の全力、私にぶつけてみろっ!おおッ!」

最早瀕死のティールだが、それでも全身のブースターをフルに活かして
最期の一撃を繰り出してきた。それは重い一撃だった。だが、アルマは
臆する事無く、神鳥と呼ばれた物を十二の刃に戻し……別の形と為す!
エルテリアの刀身も鍔も柄も、全てを覆い尽くしたそれはまるで……!

「な……これは、剣!?十三の要素を全て集めた、巨大な剣か!!」
「そうですマイスター!魔剣だけじゃない、あなたとあたしの力です!」
「面白い!!その刃で、私を斬り飛ばしてみるがいいっ!!!」
「行きます……龍神剣エルジェネリス、“シェルブレイク”!!!」

“ヨルムンガルド”と“マビノギオン・アサルト”を身に纏った魔剣は、
アルマの号令によって一気に白熱し……発火する!随所に仕込んでおいた
カートリッジ式電磁加熱機構が、セラミックの刃を一瞬で燃やしたのだ。
止めとばかりに、柄のリボルバーも駆動。刀身に浮かんだ竜の鱗が輝く!
ちなみに、中のエルテリアは無事だ。これでも傷は付かぬと聞いている。

「……龍の、炎だと……お、おおぉぉっ!!?」
「これで、お終いです……せぁぁぁあっ!!」
「アルマお姉ちゃん……跳びましたの!」
「名付けて──────“陽炎”!!」

左手と右手の追加電磁浮遊ブースターに点火して、一気に距離を詰める。
さながら龍の舌とでも形容出来る、燃え盛る日本刀風のブレードを手に、
彼女はその勢いで跳躍した……そして、大上段から一気に振り下ろすッ!

「チェェェェェストォォォォォッ!!!!!!!」
「ぐうぁ、ぁああああああああああああッ……!??」
「うぉっ!?馬鹿な、ティールだけでなく……浮遊島まで!?」
「すごいですの……これがアルマお姉ちゃんの真の力ですの……?」
「魔剣だけじゃない、マイスターの武器と戦闘センスの賜物だよ」

……全てが閃光と爆音の中に消え、私の認識は数秒遅れる事となった。
太陽の如き刃が振り下ろされた時、箱船の様な大地は木っ端微塵に砕け
蒸発しながら天へと堕ち、勿論ティールの幻影さえも塵単位で消えた。
後に残ったのは負けず燃え上がる夕焼け空と、空に浮かぶアルマのみ。

「……我に断てぬ物、無し!……なんちゃって、マイスターっ!」
『ノックアウト!勝者、アルマ!!』
「素晴らしい、素晴らしいぞアルマっ!!」
「早く出てきてくださいの、アルマお姉ちゃんっ♪」
「本当に恐ろしい娘ッ……なんだよ、アルマお姉ちゃんは」

──────乾坤一擲。全てを打ち砕く一閃の、第一歩だね……!







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー