メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

約束されし、王妃の宝剣(前編)




いよいよその日がやってきた。覚悟を決めたアルマが、前回敗北を喫した
兎型の軍神・“隻腕の”ティールに申し込んだ指名再戦。その受理通知が
私のPHSに届いたのだ。これを乗り越えねば、アルマのセカンド入りは
恐らく成し得ないだろうな。私・槇野晶は、深夜彼女にこの旨を伝えた。
“ヨルムンガルド”での剣術練習をしていたアルマの面も、引き締まる。

「ついに明日、ですか……マイスター。兼ねてのお願い通り、明日は!」
「有無。シルフィードに“レーラズ”と幾多の剣、か……良いのだな?」
「ええ……それこそが、あたしが今為すべき戦いなんだと思いますから」
「一応アルマのオーダー通りに剣を改良し、“マビノギオン”もあるが」
「“マビノギオン・アサルト”ですね?……これで、準備は万端ですっ」

そう言って私は、改良が終わったばかりの“ヨルムンガルド”の鞘と、
不思議な形の、一対のナックルガードを渡す。左腕側が少々大きいな。
腰のジョイントに鞘を取り付けガードを手に填めたアルマは、真剣だ。
しかしそれは、前の様な思い詰めた表情ではなく……落ち着いている。
前の戦いで何かを悟ったというのは、誤魔化しや嘘ではないのだろう。

「後は、あたしの戦いをするだけ。マイスター、明日はお願いします」
「分かった……今日はもう休め。明日への英気を養うのだ、アルマよ」
「大丈夫ですの。感じた事を信じて、アルマお姉ちゃんらしく……ね」
「マイスターの横でボクらも見てる。大丈夫だよ、一人じゃないもん」
「みんな……有り難うございますッ。精一杯、明日は戦いますッ!!」

こうして皆に励まされたアルマは、特に緊張するでもなく眠りに就く。
むしろ、私の方が緊張して眠れん位だ……美容には好ましくないがな。
だがそれでも眠りは訪れ、気が付いた時には集光タワーからの陽光が、
私の頬を照らしていた。時刻は……五時半か。有無、何時も通りだな。
皆で早々に朝食を済ませて狭い風呂に入り、出かける身嗜みを整える。
──────こら貴様、乙女の入浴シーンを覗くな。首をへし折るぞ?

「ふぅ~……この時期は寝汗をかくからな、シャワーが気持ちいい」
「……マイスター、マイスターっ。ちょっぴりふくらみましたの?」
「ぶっ!?な゛……お、お前らとてアレを着ればそうなるだろう!」
「シルフィードと“レーラズ”だね?……でもマイスターのは……」
「あうあう、見るなぁ!?は、恥ずかしいではないか……全くもぅ」
「ふふ……ですけど、きっと驚きますよ二人とも。アレを見たら♪」

弟二世代型補助アーマー“シルフィード”には胸がある、と以前述べた。
しかしそれは、普通のパッド程度でしかない僅かな厚さのバッテリーだ。
だが“フィオラ”を下敷きにして作ったハイブリッド・アーマードレス、
“レーラズ”は違う。胸部には装甲と大型のサブバッテリーを搭載する。
それ故に、マーメイドタイプ・イーアネイラの如き豊満な胸となるのだ。
実際、風呂あがりのアルマに着せてみる事としたが……どうだ、これは?

「デザインは綺麗ですの。防御力も高そうですけど……お胸が……」
「ろ、ロッテちゃん零距離で見ないで下さい!?二人のも、ねっ?」
「有無、ちゃんとロッテとクララのも作っている。だから落ち着け」
「人魚型が神姫達の羨望を集める理由が、少しだけ分かったんだよ」

ただのパッドでは面白くないので、フィット感にも拘った。結果として、
“レーラズ”を着用したアルマのスタイルは、イーアネイラ程ではないが
極めて良好な格好になる。これは、私のデザインとしては初めての試み。
この方向性は、現在開発段階の戦術支援システムにも取り入れる予定だ。
尤も、美しさは躯のスタイルや顔面の造作だけで決まる物でもないがな?

「でも、見た目だけじゃなくて機能の面でもいろいろあるんですよねっ」
「有無……まあそれはアルマが戦闘で披露する……その積もりだろう?」
「楽しみにしてますの、アルマお姉ちゃん♪って、そろそろ時間ですの」
「指定の時刻だね。武器の荷造りも終わったし、このまま出ようかな?」
「そうだな、では往くぞ神姫センターへ……アルマのリベンジへとな!」

“レーラズ”姿のアルマと“Electro Lolita”姿のロッテ及びクララを
引き連れ、私も勝負服を着込み神姫センターに入る。眼鏡に陽光が差し
視界が揺らぐが、この時期はしょうがない事だな。センター内部には、
朝から高まる都会の熱気を避けようと、多くの人々が入り込んでいた。
とは言え此処は、毎日別の意味での熱気でムンムンしているのだがな。

「さて、十三番デッキか……む、居たぞ。ティールとそのオーナーが」
「来たか、アルマとやらよ。再戦を挑む覚悟が出来上がったと聞くが」
「ええ……今度こそ貴女を倒して、次のステップに踏み込みますから」
「威勢は良し。だが、前の様に胸を抉ってやろう……さあ、始めるか」
「私の“妹”を侮らぬ方が良いぞ、ティールとやら。さ、準備だッ!」

相手の挑発を受けつつも、アルマは冷静である。少し彼女も変わったか。
腰にヨルムンガルドと魔剣エルテリアを装着、両腕に“マビノギオン”。
軽量ランクギリギリの超重武装だった前回とは真逆の、超軽量スタイル。
だが私は何も言わずに、そのまま笑顔でエントリーゲートへと送り出す。
再戦制度を利用して、バトルフィールドは前回と同じ浮遊島を指定した。

『アルマvsティール、本日のサードリーグ第2戦闘、開始します!』
「さぁ、死合いましょう。ティールさん!……いつでもどうぞ!」
「──────良い覚悟だ、往くぞッ!」

左右の腰から一本ずつ“ヨルムンガルド”を引き抜いたアルマが構える。
そこへ、風を押し潰す様にして一気呵成にティールが拳を打ち込んだ!!
その狙いは確実で、このままなら胸を貫かれただろう……だが、違った。

「おおおぉぉぉぉっ!!」
「……そこっ!」
「何……剣で、いや……体でいなした!?」

ふわり……と僅かに浮かび上がったアルマは、強化セラミックの黒刃で
拳の軌道を反らし、衝撃を無理に止めずそのまま後ろへ飛んでいった!
そう。レーラズに搭載されている機能の一つが、この浮遊機能なのだ。
本来は補助ブースターの性能を向上する為の、低出力飛行能力だがな?

「無理に逆らわず、一撃の威力を殺したのか……!」
「防御力だけに頼っていては、すぐに砕かれてしまいますから」

──────本当の覚悟は、まだまだこれからだよ。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー