メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

楽しい、来客──あるいは葵の日常




今日もMMSショップ“ALChemist”は大盛況~♪……と言いたいですが
地下にある玄人向けのお店ですから、平日は割と静かな環境ですの。
あ、申し遅れました。わたしは神姫三姉妹の次女・ロッテですの~♪
……マイスターが忙しい時は、レジでお留守番するのが日課ですの。
それはHVIFを使って“葵”となっている日でも、代わりません。

「消化不良には大根ですか~……晶お姉ちゃんにも実践ですのッ」
「……や。見るからに外国人の少女が、主婦御用達の情報番組ね」
「ふぇぇぇっ?!あ、お客様……い、いらっしゃいませですの♪」

にゅっと顔を出したお客様に突っ込まれましたの……一応接客業ですし
実際の昼食は遅めにしているので、ついついテレビを見てしまいます。
そのお客様は、ラフな服装の男性とハウリン……に限定版ストラーフ。
ハウリンさんが訝しげな表情をしましたけど、初めてのお客様ですの。

「へー、ここがMMSショップ“ALChemist”……素直に言うと、狭いね」
「……マイロードー?それは幾ら何でも失礼じゃないでしょうか……」
「だって、ここの店長さんに俺蹴られてるし。結構痛かったしさー?」
「あの姿で怖がられない方がよっぽどだと思うぞ、主よ?して、娘や」
「はい、なんでしょうか~……って、この耳を貸せばいいんですの?」

何やら言い合いをしていたお客様から、白いストラーフがわたしの方へ
テーブル伝いに歩いてきて、手でわたしを招き寄せましたの……何かと
思い、耳を貸してみましたが……その直後でしたのッ!こう、ぬるっと
暖かく柔らかい神姫の人工舌が、細い手に支えられたわたしの耳をッ!
優しく艶めかしく、水っぽい音を立てながら……隅から隅までぇっ!?

「ふぁあ……あ、っ!?ひあ、やぁんっ!な……なッ、何を~!?」
「ふふ、神姫の様に可愛らしい娘だったのでな。つい食べたくての」
「う゛……そ、そんな煽ててもちょっぴりしか安く出来ませんのっ」
「あーすまん。うちのディス、男女も人・神姫も見境ねーんで……」
「あうあうあうあう……いきなりなんてビックリしちゃいますの~」

勿論、不意打ちのキス……晶お姉ちゃんにする事はあっても、されたのは
当然初めてですの……に胸が高鳴っているのは有ります。でもそれ以上に
“神姫の様に”という言葉で、正体を見抜かれた様な気がしていますの。
その所為で、お客様への対応はなんだか相手ペースになっちゃいました。

「しかしマイロード……本当に宜しいのですか?私達なんかの、為に」
「いいってのっ。結局鳳凰杯の時も一つしか買えなかったし……な?」
「遠慮するでない。女子たる者、男に精一杯甘えると良いぞ。碧鈴よ」
「ディス程節操無しじゃありません、私……でも、お言葉に甘えます」
「お客様ー。鳳凰杯って事は……お洋服の見立てでよろしいですの?」

肯く男性。どうやら鳳凰杯のブースへと来てくれたらしいのですけど、
その時は十分な買い物が出来なかったみたいですの。あの混雑ですし。
そうと分かれば……“わたしの逆襲タイム”のお時間ッ!で~すの~♪

「店長はちょっと工房に入っていますので、わたしがお見立てしますの♪」
「ほう?店長の感性は見知っておるが……それもそれで、楽しみじゃのう」
「って、あの店員さん。何を取り出してるんですか……黒い、フリフリ?」
「はい♪こっちは貴女、ハウリンさん用ですの!ストラーフさんは~……」
「ディスで構わぬ、こっちは碧鈴だ。ほぉう……儂にはこの白と桃色のか」
「はい。“スウィート・デス”っていう、妖しい魅力を持つ衣装ですの♪」

ハウリン……碧鈴さん用には、黒い布地にフリルやレースをふんだんに
あしらって、ワンポイントに青い薔薇。ディスさん用には、白い布地に
桃色の飾り布を施して紅い薔薇を胸元に添えた、とびきり高価な衣装。
どちらにも十字架など宗教的なアクセントを施した上で、さりげな~く
胸や太腿など素体部の露出も考慮した、晶お姉ちゃん渾身の作ですの♪

「う、うわぁ……これを……私達が着ていいのですか、マイロード」
「聞くのは店員に、じゃろ。娘、名は何と申す?悪い様にはせぬぞ」
「本当ですの?……葵、槇野葵と言いますの♪試着、してみます?」
「は、はい喜んで。って……マイロード、こっち見ないで下さい!」
「わーったわーった。後ろ向いてるから何時でも呼んでね葵ちゃん」

男性が背を向けたのを見計らい、わたしは手早くディスさんと碧鈴さんの
着付けにかかります。ですけど、一筋縄ではいかない様ですの……むう。

「んっ♪ふふっ、卑猥な手つきじゃの葵とやら。儂に見惚れたかえ?」
「そ、そんな事無いですのッ!ですよね、碧鈴さん?……碧鈴さんッ」
「やっぱり恥ずかしいかもしれません……こんな胸元が、かぱぁって」
「何、いっそのことそれで主を悩殺してやれば良い。素質はあろう?」
「ですね、碧鈴さん可愛いですから……これで一層引き立ちますの♪」
「あぅぅ……だといいのですけど、心配です……んっ、よいしょ……」

着てきた衣装を脱がして畳み、十二分の一サイズのドレスを着付ける……
HVIFの大きな手でこれらを行うには、ちょっぴりコツが必要ですの。
洋服を着慣れた神姫の場合は、自分でも着られるので楽が出来ますけど♪
なので、ちゃきちゃきとお二人を着付けて……凡そ十五分で完了ですの!

「お客様~、ディスさんと碧鈴さんの着付けが終わりま……お客様~?」
「今週の当たり目ー、ってうおう!?……葵ちゃん、もう終わったの?」
「はい。これでも此処の店員ですから♪ほら、ご覧下さいですの~っ♪」
「う、うぅ……ま、マイロードぉ……そんなにジロジロ見ないで下さい」
「何を言うか碧鈴?じっくりと見せつけてやれぃ、ほれ……どうじゃな」
「うわー……えー、っとだ。葵ちゃん、これ二着で幾ら位するの……?」

暫く視線を彷徨わせた男性が、決済用の電子カードを取り出しましたの。
もう、素直に褒めてあげた方が喜ぶのに……神姫とはそういう存在です。
ともあれ、お値段……告げた途端、真っ青になったのが印象的でしたの。

「うげ……鳳凰杯の時は、こう二周りくらい安くなかった?葵ちゃん」
「あれは廉価版ですの。皆様にお配りする為、企業努力した結果です」
「で、これは採算度外視のハイエンドモデル……それなら納得じゃの」
「そんな高い物を……プレゼントしてくれるのですか、マイロード?」
「……約束だし。でも今月、残業で遅くなるのは勘弁な……お勘定ー」
「はい。有り難うございますですの~♪此方の装飾品も、如何です?」

──────皆が可愛らしくなってくれる事が、何よりの喜びですの♪







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー