メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本文を読む前に、幻を紡ぐ少年(修理屋氏作)をお読みください。



「ただいまぁ~……」
  御影市にあるアパートの一角、上岡修也の家に、気の抜けたような少女の声が響いた。
「あれ、お帰り。ずいぶん早いな」
「お帰りなさい、梓さん」
  この家の主たる修也と、彼の神姫であるリュミエが、たった今帰宅した梓を迎える。
  昨日、彼女の電話を(あくまで偶然に)聞いたところによると、センターの前に居座る不審な男について調べに行くらしかったのだが。
「もぉ、聞いて下さいよ修也さん!」
  さっきまで気が抜けていたかと思えば、今度は修也相手に結構な勢いで愚痴をこぼす。全く、元気な事だった。
「……どうか、したんですか?」
「聞かないでやって欲しいです。にゃぁ……」
  神姫達は、そんな会話をしてたとか。

「まったく、慎一君も慎一君ですよ! 一応刑事さんってことだったけど、そんな簡単に付いてくなんて」
「……要するに、星野君を取られたのが気に食わない、と。や~、青春してるねぇ」
  梓は一瞬、その意味をはかりかねて、
「……!!? ちょっ、ち、違いますっ!! そういうんじゃなくてっ!!」
  顔を真っ赤にして反論した。
「マスター、親父モード入ってます」
  リュミエが努めて冷静に、修也に言う。
「はは、冗談冗談」
「もぉ……」
「でも、そういう状況だったら行かざるを得ないだろうな。もしネロのことを隠して、あとでバレたら面倒だし」
  親父モードを解除した修也が、梓に言った。
「それは……そうですけど」
「それよりもだ。さっき、研究所が狙われてるって話があったな?」

  修也とリュミエは、御影市神姫センターへと向かっていた。
「かすみさんや高明さんが心配ですか?」
「んなわけないだろ。かすみもあのタヌキも、殺したって死にゃしないような奴だからな」
  とか言いつつセンターに向かっているのは、やっぱり心配だからなんだろうなとリュミエは思った。
「あいつも伊達に修羅場くぐってきてるわけじゃないし」
「……かすみさんのあの伝説、ですか」
  リュミエは、修也から聞いたかすみに関するいくつかの話を思い出した。
  特に壮絶なのが、高校時代に銀行強盗に遭遇した時らしい。工業高校(ちなみにその年度で唯一の女子入学生だった)に通っていた彼女は、偶然持っていたいくつかの機材を使って、強盗を取り押さえてしまったという。何をどう使ったかは、リュミエはもちろん修也にも想像がつかない。
  最近だと、鳳凰杯の時に「違法神姫狩り」とともに何かやっていたらしい。もちろん本人が何も言わないので、確かめようがないが。
「っと、あれは……」
「慎一さん?」
  そんな彼らの目に、最近知った少年が映った。

  インターホンの間延びした音が、上岡家に来客を告げた。
「どちらさまですかー?」
  宅配便か何かだと思い、梓は玄関に出る。
  玄関先のモニターに映っていたのは、
「って、し、慎一君?」
「う、うん」
  数時間前に別れた少年だった。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー