※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

技名 SHIMATCH/やまびこ返し(自分視点)
演技者 SHIMATCH/やまびこ返し(自分視点)
出典 ポプラ社 けん玉の技百選 p.87

説明

  1. 右手に玉、左手にけんを持ち、体と平行になるように構える。このとき、けんの糸穴が左を向くように構える。
  2. けんを離し、右に振り出す。けんを離すとき、一回転飛行機と同じように反時計回りのスピンをかける。
  3. 右に振り出したけんが戻ってくる動きに合わせて体を左にひねり、けんを左ななめ前方に振り上げる。
  4. 左に振り上げたけんが振り子運動の最高点に達した瞬間に、横はねけんのように玉を前方に押し出してけんに回転を与える。このときけんが水平になり糸穴が真上を向いていることを確認する。
  5. 横はねけんのように回転してくるけんを玉で受ける。

備考

  • 右利きを前提とした説明です。左利きの方は左右を読み替えてください。
  • 正面からの視点の動画はこちら→ SHIMATCH/やまびこ返し

タグ


コメント

名前: