※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

技名 ASIDEMATOI/かごや極意
演技者 ASIDEMATOI/かごや極意

説明

けんの先端と中皿の面を指の腹で押さえて構えてすべり止め極意をする。

備考

けんの向きはどちらでもかまわないが使える指は左右一本ずつ。
玉が上がらない場合は最初手のひらで押さえて練習すると感覚がつかめてくる。

タグ


コメント

名前: