※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

技名 SHIMATCH/手拍子つるし持ち(8回)
演技者 SHIMATCH/手拍子つるし持ち(8回)
出典 ポプラ社 けん玉の技百選 p.128

説明

  1. 玉をけんに挿した状態で糸を持って構える。
  2. 糸を使って引き上げてけん玉が空中にある間に手を叩く。(ふつうは1回。そしてこんなに高く上げる必要はないです。)
  3. 玉がけんから抜けないようにしてけんをキャッチする。

ポイント
  • 構えるときに、皿胴と玉を少し離しておくと玉がけんから抜けにくくなります。

備考

天井の高さの制約で手拍子8回までしかできませんでしたが、天井が高ければさらにさらに上を狙えるでしょう。

タグ


コメント

名前: