※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


級位

級位認定表(平成3年制定)

No. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
種目 /級 大 皿 小 皿 中 皿 ろうそく とめけん 飛行機 ふりけん 日本一周 世界一周 灯 台 もしかめ
十級 1
九級 2 1
八級 3 2 1
七級 3 2 1
六級 3 2 1 (4)
五級 3 2 1 (10)
四級 3 2 1 (20)
三級 3 2 1 (30)
二級 3 2 1 (40)
一級 3 2 1 50

級位受審解説

  1. 級位の認定を受けるときは、「協会認定競技用けん玉」を使用すること。試技の種目により、使用けん玉(同上)を使い分けることは認める。
  2. 受審は、初めて受審する場合、または、現認定級位に関係なく自分の希望する「級位」の受審をしてもよい。ただし、飛び越した級位の種目は、その受審時、その場で認定表に定める回数を全て合格しなければならない。
  3. 各級位の受審種目は、必ず、受審級位の番号の低い種目から始めること。(例:六級受審の場合はNo.3からNo.4,No5の順に審査を進める)
  4. 十級~二級の合否の判定は、受審する級位の種目(No.1~No.10の種目)につき最大10回までの試技を行い、表の回数成功した場合「合格」とする。一級については、規定の技(No.8,9,10)に加えてNo.11「もしかめ」の試技(2回挑戦できる)を行い、表に定めた回数を成功した場合「合格」とする。なお、No.1~No.10の種目について、10回試技を行う前に規定した回数を成功した場合は、それ以上の試技を行う必要はない。
  5. No.11の「もしかめ」は、一級では1分間135回以上の速さで行うこと。(試技は2回までしかできない)
  6. 「もしかめ」は、一級受審の必須種目とする。なお、六級から二級までの表示回数は必須としないが、指導上取り入れることができる。その場合「もしかめ」の速さは特に定めない。
  7. 「もしかめ」の回数は、受審前に認定されている記録(認定指導員に登録した記録など)があれば、改めて受審する必要はない。
  8. 種目(技)の解説については別に定める。

級の技の動画


段位

段位認定表(平成3年制定)

準初段

No. 1 2 3 4 5 6 7 8 9
種目 /段 とめけん 飛行機 ふりけん 県一周 日本一周 世界一周 灯 台 けん先すべり もしかめ
準初段 5 5 5 4 4 3 2 1 100

初段・二段

No. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 19 20
種目 /段 世界一周 灯 台 けん先すべり 地球まわし さか落とし うらふりけん 宇宙一周 うぐいす つるしとめけん はねけん タイム競技B もしかめ
初段 4 4 3 3 2 2 1 1 1 1 200
二段 5 5 4 4 3 3 2 2 2 2 300

三段・四段

No. 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 19 20
種目 /段 けん先すべり 地球まわし さか落とし うらふりけん 宇宙一周 うぐいす つるしとめけん はねけん 一回転飛行機 一回転灯台 タイム競技B もしかめ
三段 5 5 4 4 3 3 3 3 1 1 120 500
四段 6 6 5 5 4 4 4 4 2 2 60 1000

五段・六段

No. 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
種目 /段 宇宙一周 うぐいす つるしとめけん はねけん 一回転飛行機 一回転灯台 すべり止め極意 うぐいすの谷渡り 灯台とんぼ返り つるし一回転飛行機 二回転灯台 自由種目 タイム競技B
五段 6 6 6 6 4 4 3 3 2 2 1 45
六段 8 8 8 8 6 6 5 5 4 4 3

準初段受審解説

  1. 準初段の審査を受けるときは、「協会認定競技用けん玉」を使用すること。試技の種目により、使用けん玉(同上)を使い分けることは認める。
  2. 受審種目は、必ず、番号の低い種目から始めること。(No.1からNo.2、No.3・・・・の順に審査を進める )
  3. 合否の判定は、各種目(No.1~No.8の種目)につき最大10回までの試技を行い、表の回数成功し、かつNo.9「もしかめ」の試技(1回挑戦できる)を行い、表に定めた回数を成功した場合「合格」とする。なお、No.1~No.8の種目について、10回試技を行う前に表に規定した回数を成功した場合は、それ以上の試技を行う必要はない。
  4. No.9の「もしかめ」は、1分間135回以上の速さで行うこと。(試技は1回とする)
  5. 「もしかめ」の回数は、受審前に認定されている記録(認定指導員に登録した記録など)があれば、改めて受審する必要はない。
  6. 種目(技)の解説については別に定める。

段位受審解説

  1. 初段の審査を受けるときは、「協会認定競技用けん玉」を使用すること。試技の種目により、使用けん玉(同上)を使い分けることは認める。
  2. 段位を初めて受審する場合は、初段から受審しなければならない。
  3. 飛び段位の受審は認めない。(例:初段の者が参段を受審することはできない)
  4. 初段から五段までの段位合否の判定は、受審する段位の種目(No1~No17、No19、No20)についき表に定めた回数(「タイム競技B」については規定時間内に終了)を成功させれば「合格」とする。各種目の試技できる回数は、No.1~No.17が最大10回、「タイム競技B」が2回、「もしかめ」は1回とする。なお、No.1~No.17の種目について、10回試技を行う前に規定した回数を成功した場合は、それ以上の試技を行う必要はない。
  5. 各段位の受審種目は、必ず、受審段位の番号の低い種目から始めること。(例:参段受審の場合はNo.3からNo.4,No5・・・・の順に審査を進める)
  6. 六段を受審するときは、規定の種目(No.7~No.17)に加え、No.18の自由種目(※)を行う必要がある。内容は六段としての技量を示す技を行うこと。具体的には、高度な技術を示す技、オリジナルな技等、構成は自由。ただし、2種目を各10回以内で試技を行うこと。
  7. No.19の「タイム競技B」は試技を2回とし、表に定めた時間内に終了すること。登録する記録は2回試技のうち、良い方の記録を採用する。
  8. No.20の「もしかめ」は、1分間135回以上の速さで行うこと。
  9. もしかめの回数、タイム競技の時間は、受審前に認定されている記録(認定指導員に登録した記録など)があれば、改めて受審する必要はない。
  10. 種目(技)の解説については別に定める。
  11. 段位(認定証)の取得については受審・合格した段位の登録料を協会本部に納入することが必要です。

段の技の動画