※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夢を見る理由(説)
   * 無意味な情報を捨て去る際に知覚される現象
   *必要な情報を忘れないようにする活動の際に知覚される現象

夢の知覚には、性別や年齢によって傾向があるといわれる。男性より女性の方が色が付いた夢を見やすい
夢では視覚だけではなく、聴覚・触覚・味覚・嗅覚においても何らかの刺激を感じる
触覚のひとつである痛覚については、ほとんどの事例で「感じない」とされている。


夢と占い
夢占い(あるいは夢判断)では、夢は見た者の将来に対する希望・願望を指すか、これから起き得る危機を知らせる信号と考えられている。また、おきた現象がそのまま実現する夢を予知夢と呼び、可能性がある夢を詳細に検討する場合もある。




夢に関わる芸術(wikipediaより抜粋)
文学作品
   * 「夢十夜」(夏目漱石)
   * 「ドグラ・マグラ」(夢野久作)
   * 「パプリカ」(筒井康隆)
   * 「冥途」(内田百閒)
   * 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」(フィリップ・K・ディック)
   * 「豊饒の海」(三島由紀夫)
   * 「ナイアルラトホテップ」(H・P・ラヴクラフト)
映画
   * 「夢」(黒澤明)
   * 「パプリカ」(今敏)
   * 「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」(押井守)
   * 「イレイザーヘッド」(デヴィッド・リンチ)
絵画
   * 「シュールレアリスム」(アンドレ・ブルトン、ルネ・マグリット、サルバドール・ダリなど)
漫画
   * 「ダークグリーン」(佐々木淳子)
   * 「ねじ式」(つげ義春)
日記と絵
   * 「夢日記」(つげ義春『つげ義春とぼく』)
   * 「ラジオの仏・山本直樹の夢辞書」(山本直樹』)
音楽
   * 「夢想曲」(クロード・アシル・ドビュッシー)