※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

後衛




魔術系
特徴
  • 確実に攻撃が命中する
  • 属性に強さが依存しやすい
  • 聖・闇属性に対して非力である。
  • アクシデントに弱い

ウィザード

特徴
QMによりMobの回避率、命中率を減少させることができる
大魔法、中魔法など範囲攻撃が多彩
特殊なスキルが多く、型よりもスキル振りで判断すべきか
強さがサーバー環境と中の人のINTによっても左右される
QMについて
減少するのは回避率と命中率のみ
ASPDや弓MobのAtkは減少しない
ボス属性を含めたすべてのMobの移動速度が減少する

INT-DEX型

  • 長所
Int以外でDexに多く振った型
魔法の高速詠唱が可能
高Lv単体魔法や大魔法による殲滅力
レベルがあがれば自衛能力が格段に上がる
高VITプリーストとのペア狩りによる経験値効率の高さはダントツのトップクラス
  • 短所
非常に打たれ弱い 敵に張り付かれると即死と言ってもいい
PT狩りでは完全に後衛で、守ってくれる誰かがいないと思うように戦えない
詠唱の中断がされやすい(フェン無し時
  • PT内での役割
殲滅および場のコントロール

INT-AGI型

  • 長所
Int以外でAgiに多く振った型
本領を発揮するのは通常LV80以上
QM込みで計算すると回避能力は実はトップ
自力でQMを張り、最終的にはレイドリックアーチャーや彷徨う者も二匹なら避けられる
完成されてくるともはや後衛ではない Dex先行型の弓系職とのコンビ狩りなど一味違う狩りが可能
詠唱の中断がされにくい(フェン無し時
雑魚の一匹そこらではなかなか死なないため、フェンを付けることで横湧きに中断されずSG1を撃ち続けることができる
単独でINTを補正込みで120にしたタイプが多い
  • 短所
殲滅目的でのFWが使えないPT戦闘では殲滅力は並みの前衛以下 他職の想像以上に低い
殲滅力のない支援型プリーストとのコンビ狩りにはかなり相性が悪い
PTで回避力を活かすには、とっさに敵を剥がしにくい魔法という攻撃手段が問題となる 
撃たれ弱さはDEXWIZと同様なので回避できなくなるとあっけなく逝く
以上の理由により長所が臨時で活かしにくく、PT戦闘でできる「自分の仕事」があまりない
AGIWizで大人数PTに参加する場合は、殲滅よりも中衛としての仕事を優先する(敵は杖で殴って剥がす)方がよい-
元から後半のPTで殲滅力を発揮するには厳しいので、PT時は骸骨、子デザ、イヤリングなどは外し防御的な装備にしておくとよい
  • PT内での役割
殲滅および場のコントロール
そもそも臨時には顔を出さない
大人数PTよりは、ある程度の殲滅力を持った相方を連れてのペア狩りに向いている
中衛

セージ

INT-DEX型

  • 長所
INTとDEXを主に振った型。
攻撃はマジの魔法や、HDを主体とし、4色属性付与、力場、LPなどのスキルを持っていることが多い。
他の型より詠唱速度が速い。
SB(スペルブレイカー)、ディスペル、LP(ランドプロテクター)はBOSS、GvGに対して非常に有効。BOSS狩りではこのタイプは重要な位置を占める。
BSなどと組んで、特化武器+属性付与でおもしろい狩りができる。
  • 短所
FLEEもHPも無いため、打たれ弱い。
QMも大魔法も無いので同LVのWIZに見劣りする。
  • PT内での役割
少人数向け。
後衛


弓手系

特徴
高い単体殲滅力を持ち、多彩な属性での攻撃が出来る
盗賊系についでFleeを確保しやすいが、HP・DEFともに低い

ハンター

特徴
高いASPD
鷹によるDef無視固定ダメージ攻撃と追撃
罠によるmobコントロール

DS型

  • 長所
DexとIntに多く振ったタイプ。ダブルストレイフィングを主力に戦う。
高い単体殲滅力。
アクティブでのブリッツビートも使えるため高DEFや数を相手にも優れた火力
他のタイプと比較した場合、矢等の物資所持量に多少なり余裕がもてる
高Dexのためイグ葉の詠唱速度が早い
  • 短所
防御を犠牲にしている為脆い。
普段から最大火力で戦っているため、緊急時には結構脆い
SPが切れると本当に何も出来ない
  • PT内での役割
殲滅のみ

二極特化型

  • 長所
DexとAgiの2つのみに振ったタイプ。高Hit高Aspd高Atk。
特化弓を有効活用できる。
若干タゲを引き受ける事も可能で全体の負担を軽減出来る
ムラが少なくつねに安定した火力を発揮できる
高Dexのためイグ葉の詠唱速度が早い
  • 短所
高Defの敵に対処しにくい。
SPが常に足りないほど低い。重量も相まってSP回復剤も積みにくい
積載量の上限はいつも悩みの種。矢以外のものを持つ余裕があまりない
低レベルでは非常に中途半端。鷹も飛ばずDSも尽きるため、90↑の晩成と考えるべき
  • PT内での役割
殲滅・中衛
  • 需要
比較的高い。型指定無しのハンター募集の場合、一般に二極もしくは量産を指す。
Dex先行の場合後衛寄りの動きを、Agi先行の場合前衛よりの動きをすることに。
低レベル帯での攻撃力は量産ハンターに劣り、雷鳥より不安定なので嫌われることも
AGI先行型はソロ用ステなので後衛としての火力がなく、蹴られたりも

量産型

  • 長所
二極特化型からDexもしくはAgiを削り、LukやIntを~30程度振ったタイプ。ほとんどの状況をそつなくこなせる。
大抵の狩場を無難にこなせる。
ムラが少なくつねに安定した火力を発揮できる
汎用性の高さはピカ一。仕様変更にも強い
高Dexのためイグ葉の詠唱速度が早い
弓も鷹もあるため見ていて二極より楽しいらしい(プリ側)
  • 短所
STRが無い為所持重量限界が低く、その割には単位時間内で矢を大量に消費する。そのため本人は矢をそれほど多くは持っていけず、また矢が切れると帰還を余儀なくされる。(矢作成材料出る狩場は問題なし)が、矢筒でかなり改善された。
上記に関連して回復アイテムを大量に持っていくことが出来ず、HPも高い方ではなく緊急回避手段としての罠もPTでは使いづらいので、一度に敵にターゲットされるとあっさり沈む事もある。
  • PT内での役割
殲滅・中衛
  • 需要
比較的高い。型指定無しのハンター募集の場合、一般に二極もしくは量産を指す。
  • その他
Dex先行の場合後衛よりの動きを、Agi先行の場合前衛よりの動きをすることに。
量産というだけありハンターの中でも数が最も多い。ライバルが多くて入れないことも。

鷹型

  • 長所
量産型からさらにDexを削り、さらにLukに振ったタイプ
高Defタイプの敵も苦にしない
  • 短所
特化弓を活かせないため、弓ダメが低い
鷹が無属性固定のため、念Mobが苦手。
  • PT内での役割
殲滅・中衛
  • 需要
中程度。場合によっては断れることも。
全体的に高Defタイプの敵を相手にする臨時は少なく、鷹を活かせる場面があまりない。
現在、監獄2Fのフェンダーク、リビオ等を狩る場面で重宝される。


バード、ダンサー

特徴
SPが比較的高い為、頻繁にスキル攻撃を行う場合が多い
プリーストスキルのマグニフィカートが効果的
単体攻撃に偏るので、強力な範囲攻撃を持つ職と相性が良い
Intを多めに振っている型は、多くの場合プリースト込みのPTで狩りをする方が効率を出す事ができる

避けDS型

  • 長所
DSが主力だが、雷鳥のSP係数を活かしてIntを抑えAgi等に振っているタイプ
マニピ・ブレスがあれば全攻撃の7~9割はDSで攻撃可能
高lvになると、確殺数とIntによっては全DS狩りが可能になる
少数の雑魚は回避
稀少価値の高い属性矢なども普段から使用出来るため特化弓と併せた火力が高い
DSを撃っている間は量産ハンターより火力が高い
  • 短所
通常攻撃は中途半端な性能なのにSPも切れないとは言い難い
SP回復アイテム携帯が必須
演奏しながら攻撃すると、SPが持たない
特化武器・SP装備の所持・非所持により火力が大きく開く
(確殺が多くなるとSP消費が重くなり、ガス欠が多くなる為
  • PT内での役割
殲滅
CA、ASなどによるタゲコントロール
戦闘は各個撃破が基本となる。トレインをせずに戦闘のテンポを上げるのが吉。
DSによる戦闘をほぼ強いられる為に、SPが辛い時に申告できない時が多々ある。湧きの後にはSPを気遣うと良い。

DS型

  • 長所
Dexを極限まで上げ、残りのポイントはIntに振っているタイプ
低lv時は攻撃力が高い。
ブラギの歌・ハミングの効果が、他の型に比べて大きい。
SP係数が高いため、同タイプのハンターと比べ早い段階から全DSを達成可能
演奏しながらミュージカルストライク、矢撃ちなどを実用できる
(歌・踊り中はSPが回復しません。長い時間続けるとSPが切れることもあります。
  • 短所
防御力が非常に弱い
他の弓職のASPDが上がってくるlvになると、攻撃力が見劣りする場合がある。
  • PT内での役割
殲滅
CA、ASなどによるタゲコントロール
演奏によるPTMのブースト
演奏しながら攻撃

二極特化型

  • 長所
二極(AGI-Dex or Dex-Agi等)
同タイプのハンターよりスキルを多く使える
特化楽器で殴ることも可能。盾装備可能
  • 短所
他タイプの雷鳥に比べると比較的攻撃力は高くない
  • PT内での役割
回避による前衛
殲滅