その他@2008.12


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タイトルが無いものに関しては無題で。
とりあえずまとめてるだけなので、問題があるようであればお手数ですが作者さん修正お願いします。



詩吟


都都逸

作:創る名無しに見る名無し
お題:「こたつ」・「白」・「正月」・「白」

足をからめて  ぬくぬく男女 コタツの脚が 憎憎し

路肩の雪見て 君がつぶやく 空にも除雪車 こないかな

恋愛お守り ご利益あるよと 巫女のあなたに 手渡され

どうせ神社に 願かけるなら 巫女のあなたに かけたいな


正月哀歌

作:創る名無しに見る名無し
お題:「門」「海」「はがき」「白」「こたつ」「牛」「日の出」

なんと立派な門松飾り オイラのモノとつい比べ

海で見初めた我が女房は 今じゃ怒れる山の神

カミさん怖いが捨てるは惜しし キャバ嬢からの年賀はがき

白いお餅に吸いつくあの子 オイラも吸いたい餅肌を

寒い寒いとぬくもり求め コタツの中で姫はじめ

牛チチ娘と乳繰り合えば ブタ鼻女房に蹴飛ばされ

玄関先から日の出を拝む 頼む許して開けとくれ




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|