※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

流影陣

236A
腕を目の前で構え、気の壁を作り出す。リーチは見た目通り短いものの、出が速く判定は強力。
飛び道具反射技としての性能は本作最高峰。かなりぎりぎりまで飛び道具を引きつける形で出しても跳ね返せる。高速の飛び道具を跳ね返した場合、相手は動くこともできずヒットが確定するため、狙っていくだけの価値はある。相手の突進技・乱舞系の技潰しとしても、地対空で出す技としても優秀。
ガードされたり、空振りしてしまうと反撃されるだけの隙はできてしまうものの、不破にとってなくてはならない技であることには間違いない。特に、リョウ戦・ロバート戦では大活躍が見込めるだろう。

真空斬首刀

214A
腕を横に出し、クルクル回転しながら攻撃を繰り出す。しゃがまれるとスカされる上、ガード時の隙も大きく、大抵のキャラの浮かせ技が確定してしまう。
総じてリスクリターンが合わないため、基本は封印して良い技。最後の削りを狙って意表を突いて出すのが関の山か。空中コンボで魅せたい時に使うのも良いが、意外と空中の相手にもフルヒットしにくく、威力が低い。

猛牛流投陣

641236C
当て身技。成功するとロックし、相手を後ろに放り投げる。ロックする分カーマンの当て身よりも性能的には高いが、威力はかなり控え目(それでも、捌き→ノーマルダウン追い討ちよりは高いが…不破はA+Bで追い討ちでき、威力も高く発生も速いので、反撃を受けない相手ならそのほうが良い)。
捌きとは違い、距離に関係なく出せるという利点があるので、相手の動きを読んで出せればそこそこ便利ではある。
真価を発揮するのは同キャラ戦でジャンプCを多用する相手に対してや、ワイラー戦の6A6Aを受け止める時か。ダウン状態にさせずにダメージを与えて切り返せるため、読んで狙うことができればなかなか面白い。
リョウ戦で使用する場合は注意すること。ジャンプC(後ろ蹴り)を正面から受け止めると、不破側のみ地上で長い時間硬直してしまい、反撃を入れられ放題になってしまうバグがある。

忍隠れ

241B
滅!と叫び、姿を消す。消えている時間はそんなに長くないが、出掛りに無敵時間がある上、完全に消えるのでその後のモーション判別がやりにくく、相手からすれば結構厄介な技。
消えてから動けるまでの間に隙がある時間帯があるのと、不破の通常技性能上素早く出る下段技がないため、意外と相手の通常技暴れに弱く、2択をかけにくい点には注意。それでも、試合のアクセントとして使っていくには中々の技。

闘神翔

22C
雄叫びをあげつつ、全身から気を放出し続けて攻撃する。ガード可能。
出掛りに無敵があるとはいえ、超必殺技としての性能は確かにそれほど高いわけではないが、この技が真価を発揮するのはカウンター時。特に相手の乱舞技・突進技に対しては、早めに先出ししても、引きつけて出しても返せるし、カウンターなので威力も上昇して、アルティメットKOを狙いやすい。
他にはジャンプCでダウンした後や6Bをガードさせた後など、相手の行動を釣っておいて出すのもいいだろう。
隙は大きく、ガード及びスカされた時は確実に反撃を受ける。リスクも高いが、それでもこの技の存在はどこかで意識しておこう。