※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

通常技

A

ミドル・ロッド。上段。ノ・カ
トンファーで裏拳のように殴る。立ちA系にしては出は遅いが、連打キャンセルが効くのか2発くらいだったら連続ヒットする。リーチは長め。ロバートの立ちBとも張り合える。(絵的にはロバートの立ちBよりも短く見えるが出し合ってみると大体リーチは変わらない。つーかロバートはニュートラル姿勢が前後に動いているので正確に測れなくて困る。)トンファー部分が無敵なので適当に出しているだけでも強いが、もっと強い技がいっぱいあるので頼らなくても大丈夫。やや遠めの牽制にどうぞ。

B

ミドル・キック。上段。ノ・カ
ミドル・キックって名前だけど判定はわりと高いところにある蹴り。蹴ってる足が無敵なので牽制に最適。カウンター狙いだけでなく、遠めの対空、飛び道具潰し、突進技潰し、乱舞技潰しなんでもござれ。防御の要。
距離を問わず置いておいて構わないが、ロバートの立ちBクラスに長い技だと無敵部分を越えて本体にまで技が届いてしまう。その場合には遠距離の牽制を立ちAにして立ちBは近距離で最低限ガードさせるように使おう。また下方向からの攻撃にも弱い。連打が効かないので極限流コンビは緩急をつけて飛び道具を使おう。

C

ステップキック。上段。ノ・カ
上方向に蹴りを出しながら素早く前進する。前進スピードがかなり速いので奇襲やガード後距離の離れた相手への反撃に使える。また上方向に蹴っているのでジャンプの出掛りを落とす事も多々ある。蹴っている足が無敵なので相手が動こうとした所も狩れる。なお近距離ならふっとんでいる相手にラッシュ攻撃で追撃が可能。ダメ元で6Aは仕込んでおこう。
しゃがんでいる相手には大体スカってしまう。下段技にも弱い。中段パンチを多めに使って相手にはなるべく立っていてもらおう。そうすればスラントローキックも当てやすくなる。

D

挑発。
フルに挑発すれば気力を半分ほど減らす。最初の部分が無言なので挑発してすぐにキャンセルすれば、こっそり相手の気力を減らす事ができる。

2A

屈みパンチ。下段。ノ・よ尻
トンファーで足元を払う。出は遅めでリーチも短く姿勢も高い為使わなくていい。出が遅いと言ってもロディの技にしてはという意味なので出して困る事はないだろう。ただ他の技が使え過ぎるだけだ。

しゃがみ途中A

屈み途中パンチ。下段。ふ尻・ふ尻
2Aと性能的に大して変わらない為、同じ理由で使わなくていい。

2B

屈みキック。下段。ノ・回
足を突き出すように蹴る。リーチは大してないが姿勢が低い為、技を避けながら蹴る事ができる。近距離で混戦になった時に出すといい。蹴っている足に喰らい判定がないのでカウンターを取りやすいのだ。対空としても使える。不破のジャンプCはこれで落とせるのだ。攻撃的下段はスラントローキック。防御的下段は2Bと使い分けよう。
ノーマルヒット時近距離ならラッシュパンチが間に合うようだ。下段スタートからの浮かせ。エグい。

しゃがみ途中B

屈み途中キック。下段。ノ・回
2Bよりも出と戻りがやや遅い。しゃがみ途中の方がしゃがみから出すより性能が悪いのは珍しい。立ちからの下段はスラントローキックがあるのでそっちを使おう。

JA

ジャンピング・フック。中段。ノ・カ
下方向にトンファーを出す。起き上がり攻撃を読んだ時や深めに当てて地上で固めを継続する時に使う。ただし出があまり早くないので引きつけすぎると技が出る前に着地してしまうのには注意。ロディは空中はあまり強くないのでなるべく一方的に飛べるシチュエーションでジャンプする事。起き上がりや飛び道具を読んだ時などだ。

JB

スピニング・ハイ・キック。中段。ノ・カ
横方向に蹴る。蹴り足に喰らい判定は無いのだが攻撃判定も薄いので結果的に対空としても対地としても弱い技。飛び道具は意外と潰してくれるんだが。ロディは基本的に飛ばない方が良いが、飛んだ時はJBを使う事になるだろう。出が早いのと下方向に判定があまり無いので深く当てやすく、またそうする事によって地上技にも繋げやすい。もっとも引きつけて出すという事は落とされるリスクも高まる事だとはキチンと理解しておこう。

JC

スピニング・ハイ・キック。中段。ノ・カ
JBと同じに見える。少なくとも与えるダメージは一緒。誰か違いを発見したら書き込みをお願いします。

3A

中段パンチ。中段。浮・カ浮
踏み込んでトンファーを振り上げる技。踏み込んでから攻撃するので出は遅いがリーチはまあまあ。また攻撃後は元の位置に戻る為、相手との距離が離れ、かつ隙も少ない。反撃は受けづらい技なので時々振り回して相手を立たせておくようにしよう。そうすれば立ちCやスラントローキックが威力を発揮する。浮かせ技なので、この技自体の見返りも大きい。距離が遠くなりがちなのでステップしてからラッシュ攻撃で追撃しよう。

3B

中段キック。中段。ふ・ふ
軽く宙に浮きながら膝蹴りで突進する。出は遅く隙も大きめ。浮いているので下段躱し効果も一応あるようだ。あんまり期待しない方がいいけれど。ロディの中段はよろけさせても追撃が難しい技が多いが、この技は距離が離れないので追撃しやすい。よってしゃがみガン待ちの相手によろけ狙いで使うと良い。

6B

ラッシュキック。中段。浮・カ浮
膝蹴り。リーチは短いが出は早い。相手の飛び込みの打点が高かった時のガード後反撃に使うとおいしい。浮かせて連続技を叩き込もう。攻撃判定の出る位置が良好なので技後の姿勢が低い王やシンクレアには地上攻撃の反撃にも使おう。6Bを連打すると追加攻撃が出てしまうのが欠点。気合一発・目押し反撃だ。

6C

フック・スロー。投げ
可もなく不可もなく。積極的に狙うとしたら相手との位置を入れ替えるのに使うくらいか。投げた後の間合いはあまり離れないので追い打ちは忘れずに。

追い打ち攻撃

バウンティング・ロッド。追
前進してから殴るので有効間合いはかなり広い。ステップと絡めて出せば大抵の技後に届くだろう。素早い動きに惑わされるが、前進する動きがあるので攻撃自体は遅め。クイックスタンディングには注意。

特殊技

1B

スラントローキック。下段。ふ尻・ふ尻
回転足払い。立ち状態からでないと出せない。出が早いのでステップから出せば奇襲効果が高い。ガードされると隙は大きめだがBで追加攻撃があるので、反撃を狩る事もできる。
喰らい判定を調べる為に闘神翔に向かって出そうとしたが何故か出ない。相手の攻撃判定が出ていると発動しないで2Bに化ける?それならそれで防御的使い勝手は2Bの方が上なので、むしろ嬉しい仕様と言える。

4A

オーバースウィング。上段。浮・カ浮
トンファーで薙ぐ技。似たような技であるロバートのバックブローと比べてリーチは長く、背の関係からかしゃがんでも当たるキャラが多い。その代わりやや動きが重い。ものの本によると出はかなり早い数値が書いてあるんだが使用実感としてはそこそこ早いってレベル。動き出すのは早いが相手に攻撃が届くまでに時間があるのだろうか。隙もあるのでなるべく先端を当てるようにしよう。トンファー部分に喰らい判定は無いので、カウンター取り放題。

A+B

ラピッド・ロッド。上段。ノ・カ/上段。よ・カ/上段。ふ・ふ
トンファー振り上げで2回。振り下ろしで1回の計3回攻撃。1発目にキャンセルをかけて浮かせ(4A)と下段(2B)に派生可能。実は派生の選択肢に中段が無いのでしゃがみガードで安定。初段のリーチは短いが出は早く攻撃位置も低め。反撃や空中コンボに使える。基本的にはガードorヒット、地上or空中を問わず4Aに派生した方が良い。全段ヒットしてもダメージは変わらないからだ。ならば浮かせて追撃を狙らう方が良い。ただし空中コンボの締めに使うのならばラピッド・ロッドを出し切った方がわずかに状況が良いかもしれない。間合いがあまり離れないので追い打ちがしやすいからだ。当たると音とリズムが気持ち良いのも利点?ガンゴンガイーン。

相手の立ちキック攻撃に対し4B

ダッジ・ニーキック。上段。ふ・ふ
避けるような動作をした後、前進して膝蹴りを出す。発動条件がよくわからない。相手の攻撃がこちらに届く前にコマンドが完成してなければ発動しないようだ。いわゆる当て身的に攻撃判定をロックする技ではないらしい。また攻撃判定との距離ではなく、本体との距離が発動条件になっているみたい。ガソリンスタンドステージ(リョウCPU戦の一番初めのステージ)なら左端にロディが居て、ドラムカンの右端にリョウの前足が重なるくらいの距離で発動するようだ。
発動条件がシビアな上に確定反撃ではないので狙う必要は全く無い。立ちBで牽制してたら、たまたま出たっていう程度だろう。

ラッシュ攻撃

6A,6B

上段。ノ・カ/上段。ふ・ふ
ラッシュパンチの後すぐに蹴る。画面端が絡んでも出す必要は無いだろう。その場合は別の技を出すべきだ。

6A,6A,6C

上段。ノ・カ/上段。ノ・カ/上段。よ・カ
ラッシュ攻撃の6Bはリーチが短いので相手との距離次第ではこちらを使う。でも上段攻撃だし隙も大きいので基本的には使わなくていい。

6A,6A,1B

上段。ノ・カ/上段。ノ・カ/下段。ふ尻・ふ尻
最後が下段のラッシュ。ものの本によると連続技ではないらしいんだが連続ヒットしてる気がする。オンライン対戦のラグの所為なのか近距離限定とかで繋がるのか。後述の中段ラッシュとの2択は見てからガードなどほぼ不可能。さらにはBで追加攻撃も出る。勘でガードしよう。隙はデカいので読まれないように使う事。

6A,6A,6B,6B

上段。ノ・カ/上段。ノ・カ/中段。浮・カ浮/上段。ふ・ふ
3発目が中段兼浮かせ攻撃になっているロディのメインコンボ。最後まで出し切らずに3発目で止めて、浮いた相手に空中コンボを叩き込もう。はっきり言って強い。連続技の起点としてがつがつ狙っていく。

1B,B

下段。ふ尻・ふ尻/下段。ふ尻・ふ尻
下段から下段のコンボ。主にはフロントステップから奇襲で使っていく。ガードされると反撃必至だがディレイが効くので少しでも反撃しづらくしておこう。

A+B,4A

上段。ノ・カ/上段。浮・カ浮
ラピッド・ロッドの初段をキャンセルしてオーバースウィングに繋げる技。出が早いので反撃や連続技に組み込もう。6A,6A,6Bで浮かせるよりもダメージが大きい。ただしカウンター扱いになる技への反撃には使わない事。1発目で浮いてしまい2発目でふっとんでしまうので、安く済んでしまうからだ。そういう技への反撃はオーバースウィングかラッシュキックを使って直に浮かせよう。

A+B,2B

上段。ノ・カ/下段。ふ尻・ふ尻
ラピッド・ロッドの初段をキャンセルしてスラントローキックに繋げる技。ラピッド・ロッドを立ちガードしている相手に使おう。

6B,6B

中段。浮・カ浮/上段。ふ・ふ
1段目が浮かせ技なので、むしろ追加攻撃が出ないように努力しなければいけない。Bを押しっぱなしにすると暴発が少なくなるかな。中段スタートなのでジャンプ攻撃後などの密着時にスラントローキックとこれで2択が仕掛けられる。