※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジョン立ち回り

距離を選ばず使えるメガスマッシュ。軌道が独特でケズり量の大きいフライングアタック。当たれば大ダメージのオーバードライブキック。使い所を考えるのが楽しい必殺技が揃っている。また地上通常技はしゃがみBやC+Bが下段でリーチもそこそこあり頼れる。だがジョンの真の強みはジャンプ攻撃。ジャンプBとジャンプCが横に長くモーションの早さも良好。垂直ジャンプの昇り降りでBを出していれば近づくのは困難だし、接近時に相手を飛び越しながら昇りでB、降りでCを出せばガードも揺さぶれる。またジャンプCは判定が厚いので、相手を飛び越さずに正面からでも当てる事ができる。つまりめくり狙いが失敗して相手を飛び越せなくてもリスクは少ないのだ。三角飛びも足の長さを活かせる攻撃手段なので活用しよう。
地上技の出が全般的に若干遅め。まとわり付くように攻めるのは得意だが、まとわり付かれると厳しい時がある。守勢になった時はしゃがみBで追い払うか、立ちBやジャンプBで近寄らせない事で仕切り直しを図ろう。通常技の攻撃力が低目なのも気になる所。オーバードライブキックは確かに大ダメージだがそればかり出している訳にもいかない。当てたり当てられたりしている内に、いつの間にか体力負けしている時があるので注意。立ちBを使う場面を立ちC(B)で代用するなどの対応が必要になるかもしれない。ガード崩しのメインがジャンプ攻撃なので対空のしっかりした相手に戦いづらくなる。ダッシュ性能は悪くないので地上から近づいてジャンプしよう。

キャラ対策

リョウ

攻め所が意外と似ている。どちらも飛び道具にジャンプ攻撃を合わせればダウンするし、昇り降りのジャンプ攻撃でまとわりつくのが得意なのも一緒。ただし威力はリョウの方が上。それはダウンのしやすさという形で表れてくるので注意。
ダッシュC(A)が対地対空を兼ねているのが怖い。リョウのCがパンチになっている時は無理に攻めない。しゃがみBと三角飛びを攻めの主軸にする。相手のダッシュを読みきった時にはオーバードライブキックをブチ当てよう。
リョウのCが蹴りになっている時はもう少し積極的に攻めてかまわない。前ジャンプでの接近やメガスマッシュの頻度を上げよう。ジャンプ攻撃は虎煌拳に引っかかりやすいのでジャンプAも適度に使う。

ロバート

基本的にはリョウと一緒。ただし近距離立ちC(A)の性能がリョウよりも悪いので、ダッシュからの攻めに関してはリョウほど警戒しなくて良い。その代わり昇りジャンプBの方に気を配る。立ちBやC+Bを使って固めていこう。ロバートの降りジャンプ攻撃をガードしたら、バックジャンプBで逃げるのも手。

藤堂

まず常に対空を意識しておく。使う技は昇りジャンプBでオーケー。こちらが飛び込む場合はジャンプAかCでめくり気味に飛び込めば落とされづらい。メガスマッシュは中間距離では出さない。読まれて技中にジャンプ攻撃を喰らうとダウンし、攻めの主導権を渡す事になってしまう。遠距離か近距離で使う事。遠距離はメガスマッシュ・気力溜め・三角飛びあたりが主な行動。近距離では密着ならしゃがみB。やや離れてならC+Bが使いやすい。当然昇りジャンプB降りジャンプAでまとわりつくのも良い。姿勢の低い技が少ないのでフライングアタックが当たりやすい。最後のケズりなどに活用しよう。
ダウンを奪った後に挑発するか気力溜めをするかは悩ましい所。お互い気力無し状態でなら接近戦でも充分張り合えるし、気力があるなら安全に遠距離戦ができる。お好みで。

ジャック

オーバードライブキック万歳。ジャックはオーバードライブキックをガードできない。ただし気力が赤だと最後の裏拳がスカりやすいので注意。最低限気力黄色は確保しておこう。そうなると残る問題はいかに近づくかになる。ただ近づこうとしてもジャックの立ちBの餌食。ここはまずジョン側も立ちB中心で攻めてジャックを動きづらくさせておく。ジャック側が立ちAを使い始めたりガードしがちになったら、ジャンプAで近づいて着地でオーバードライブキックをだそう。
ちなみに開幕等ジャックの体力が満タンに近い状態でジャックが立ちC(B)で近づいてきた場合、ジョンはガードした後B+C反撃でダウンが取れる。そうなれば後はオーバードライブキックを起き上がりに重ね続けるだけ。
ビッグと違ってオーバードライブキック封印して戦っても何とかなるのがありがたい。ジャックのC攻撃がパンチになっているならジャンプとメガスマッシュ中心、キックになっているなら立ちBとしゃがみBを中心に攻めよう。

リー

空中戦に不利が付くので注意。ジョンにしては珍しく地上戦がメインになる。メガスマッシュと立ちBを中心に攻めていこう。距離は長めに取った方が戦いやすい。百烈旋風脚や立ちC(B)がこちらの立ちBで潰しやすくなる。だから攻めるというよりは、後ろに下がりながら牽制やケズりを狙う戦法にとなるだろう。幸いメガスマッシュでダウンを取りやすいので、その隙に気力回収と距離の確保をしておく。
素早さの違いのせいで一度接近されると突き放すのが難しい。自分なりの切返しポイントを習得しておこう。代表的な割り込みポイントは、百烈旋風脚からジャンプBの連係をガードしたあとにジャンプBで反撃。C(B)や下段鉄の爪攻撃ガードあとに、リーが空中に居る間にしゃがみBで反撃(空中ヒットでダウンがとれる)。C+Aの初段をしゃがんでいた場合に2発目がくる前にしゃがみB。画面端に追い込まれてからのジャンプA連打に対してはおとなしく立ちガードしていよう。そのうち何故か知らないが距離が離れていく。鉄の爪攻撃(下段)を混ぜてきたら三角飛びで画面端脱出か、C+Bで出掛りを潰す。

キング

技構成などが似ている両者。明らかにキングに劣っている面は、飛び道具性能と立ちBのリーチ。立ちBに関してはしゃがみ攻撃でフォロー可能なので、まずはベノムストライク対策が重要。キングの気力がある間は、垂直ジャンプやしゃがみガードを中心にじっくり攻めるのが良い。挑発しても良いが、挑発中にベノムを喰らうとダウンするのが困りモノ。その他の面ではジョンの方が優れているか互角な技ばかり。特にオーバードライブキックのおかげでダメージ力に勝っているのが嬉しい。序盤ベノムのケズりで体力アドバンテージを取られても充分逆転は可能。
気力が無くなってからはしゃがみ攻撃やメガスマッシュを中心に攻勢に転じよう。仮にジョンの気力も無くても、気力無しベノムと気力無しメガスマッシュでは、性能が逆転してジョン有利になる。通常技のごとくガンガン使ってオーケー。ジョンの弱点である近場の対空、特に飛び越えてのC攻撃に関してはしゃがんでいれば当りづらい。着地にしゃがみ攻撃を合わせて攻守交替しよう。こちらからのジャンプはそんなに重視しなくて良い。キングの対空技群とはイマイチ相性が悪い。上手くベノムを読んで飛べた場合でも、当たり所のせいでダウンしない場合がある。

ミッキー

飛び道具性能差で遠距離戦を挑みたいところだが、ミッキーは弾消し能力に優れている。ここは思い切って開幕から接近戦、それも空中戦を挑もう。遠距離からの飛び込みはジャンプBの先端を当てるように。接近してからは昇りジャンプB→降りジャンプC→しゃがみ攻撃……のループでまとわりつく。時々近距離立ちC(A)を出すと中段が混ざりさらにガードが困難になる。ジャブでジャンプを落とされるようなら降りにジャンプAを混ぜる。やや離れた距離で垂直ジャンプBを繰り返すのもイヤラシイ攻撃だろう。対空もジャンプBで。立ちBだと潰されやすいので地上対空は捨てる。ジャンプBが間に合わないタイミングならおとなしくガードすべき。
地上戦では攻撃もガードもしゃがみ中心で。しゃがみAや立ちAで牽制しつつ接近されると立ちBでは撃ち負ける。単発攻撃力はミッキーの方が上なのでガード比率高めで。密着時にしゃがみ攻撃を出すと当ててもガードされても、しゃがみBで反撃を喰らう。ダメージ負けするのでお見合い状態になったら、垂直昇りジャンプB→降りジャンプAか、近距離立ちC(A)で距離を取ろう。
気力は気絶したミッキーにオーバードライブキックを当てるために温存。攻撃力不足を補おう。終盤戦でミッキーにプレッシャーがかかっている状態なら、メガスマッシュ解禁してもよい。残り体力が少ない状態で冷静にメガスマッシュを打ち消せるだろうか?

ジョン

Mr.ビッグ

オーバードライブキック万歳。ビッグはオーバードライブキックをガードできず、最後の裏拳で必ずダウンする。気力無しオーバードライブキックでも、だ。よって後はいかに近づくかとコマンドミスを無くすかの問題。お手軽なのはジャンプAで近づく事。それ以外でもビッグの攻撃はほとんどガード後にオーバードライブでの反撃が届く。
ただしビッグが立ちBで牽制連発してくると近づくのがとたんに困難になる。メガスマッシュも消されるのでケズりすらできない。奇襲の前転対策としてしゃがみBで牽制をしておきつつ、上要素を入れた大三角飛びで接近しよう。飛び越し気味にジャンプAを当てて着地でオーバードライブキックだ。ハメくさいからオーバードライブキック封印で、なんて甘い考えは捨てよう。オーバードライブキック無しではハッキリ言って勝てない。

Mr.カラテ

カラテの体力が多い時は、リョウよりも防御力が低い。その弱点をつけるのがジョン。リョウだと立ちC(B)ではダウンしないが、カラテなら一撃でダウンさせられる。開幕したら早めにBを出しておこう。体力が半分くらいまでなら一撃ダウンだ。もっともただ打ち合うだけでは相打ちの可能性も高い。しゃがみBで牽制しつつ一歩踏み込んで出すなどの工夫が必要だろう。
逆にリョウより素早い事に悪影響を受けやすいのもジョン。カラテのCが蹴りになっていても回転は早いままで、対空性能も保持。カラテの直前の攻撃に関わらず、しゃがみBを中心に攻める。暫烈拳は明らかにリョウより隙が小さい。ガード後の反撃は立ちAからしゃがみBに繋ぐのが精一杯だろう。オーバードライブキックは間に合わない。
こちらの通常技が届かない距離から撃ってくる虎煌拳が痛い。一歩踏み込んで攻撃するか、ジャンプAでカウンター取るかで、少しでも撃ちづらくさせておく。