※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キング立ち回り

高性能飛び道具のベノムストライクがあるので気力がある内は優位な立ち回りができるだろう。連続で撃っても良いし、あえて撃たずにプレッシャーをかけるのも良い。ただしベノムに頼り切ると気力の減りが激しい。キングの体格は普通クラスだが遠距離Cがどちらも2段技なのでダウンはまず奪えない。飛び二段蹴りは気力無しでも確実にダウンさせられるが、近い距離に着地するので大した量を回収できない。地上技で対空に成功した時は貴重で確実な気力回収タイム。あとは画面端と端くらいの距離で気力溜め。そうやって気力を回収しながら戦えればベストだが、ある程度通常技のみで立ち回る事も覚悟しよう。通常技は結構クセの強いものが揃っているので、相手キャラや場面によって使い分ける。
まず対空面では技の種類は豊富。昇りジャンプB、遠距離立ちB、遠近C(B)、近距離立ちA、しゃがみB、烈風脚あたりが候補。性能的には昇りジャンプBが一番信用できるだろうか。地上で接近戦になった時はしゃがみAが主戦力。これで距離を稼ぎつつ、しゃがみBでまとわりつくかジャンプ等で距離を取って仕切りなおすか。遠距離CはAB共に2段技でノックバックが無いので距離を稼ぐのには向いていない。その代わり固め技として使うならかなりの性能を誇る。画面端に追い詰めてのC連発は、発生の早い技のないキャラに対して効果的。ジャンプ攻撃は下方向にさほど強くないので、こちらから飛び込む事はあまりしないように。

キャラ対策

リョウ

遠距離でのベノム中心で。その為にも相手のジャンプはキッチリ潰していこう。昇りジャンプBが一番安定だが、立ち回りで例を挙げた技なら一通り機能する。こちらからジャンプは基本的に禁止。立ちBであっさり落とされる。ズームイン状態でしゃがみAやしゃがみBをガードさせた後にのみジャンプ可。その際には昇りでジャンプB、降りでジャンプAを出す。ズームイン距離からジャンプしてもほぼ飛び越せないのでCを意識する必要はない。そもそもしゃがまれるとジャンプCが当たらない。
接近戦で足払いの刺し合いになった場合、こちらもしゃがみBで対抗しても良いが、遠距離立ちC(B)で足元の判定を消すのも手。理想はリョウのしゃがみBの戻り際にB+Cを当てるのがベスト。ただしB+Cは足元の判定がやや前に出てから蹴るので、ギリギリの間合いから出すと逆にしゃがみBを喰らう。無理をする必要はない。
残体力をわずかまでに追い詰めたからといって迂闊な攻めは厳禁。キングはダウンしやすい方なので、ダウン→起き上がりに龍虎乱舞であっさり逆転される。C攻撃で固め兼牽制して相手の出方を窺おう。気力がないなら、やや強引に攻める価値はある。

ロバート

リョウと一緒だが、ロバートは挑発している時にベノムを当ててもダウンしない場合がある。ややリスクはあるが、挑発に対してはダッシュからのジャンプBも選択肢に入れておこう。

藤堂

飛び込みが下方向に強いので昇り降りでまとわりつかれた時以外は対空にAを使わない。ジャンプBかC(B)、ダウン取れなくても構わないならばしゃがみBを使う。接近戦ではB+CでしゃがみAも潰されるし、思い切ってBボタンとCボタンのみで戦うくらいの気持ちでオーケー。当然だが重ね当ての射程よりも遠くに距離を取るのが基本。地上から近づいてくるなら立ちBかベノムで、空中から近づいてくるならジャンプBかC(B)で対抗する。重ね当てを消したければしゃがみBが割と消しやすい。近づいてこないならベノムを撃ちつつ気力を回復する。挑発に対しては気力黄色でもベノムでダウンが取れるので、その隙にたっぷり気力を回復しよう。

ジャック

超ドロップキックの存在で気軽にベノムが撃てない上に、撃ったベノムをBやC(B)で消しまくるのが怖いジャック。接近戦になる事はほぼ確実。しかもC(B)の振り下ろし部分が下段、頂点部分が中段なのでガードにコツがいる。遠距離しゃがみガードで、近めは立ちガードで。ただ遠距離立ちBがジャックのBに対して勝つ場合が多いので潰しちゃった方が安全。接近戦でAを出してくるジャックに対してはしゃがみBかベノムで対応。遠距離C(A)がジャックに対してとんでもない固め性能を誇る。しかも中段なのでジャックはずーっと立っていなければならない。あとはタイミングを見て下段のB+CかしゃがみBを出すだけ。なんでもありならそのままタイムアップまで固めて……(一応バックダッシュで逃げられるみたい。ジャックがカクカクし始めたらB+C当てちゃった方が無難かも)

リー

単発のベノムでもダウンしてくれる場合が多いので、そういう点では戦いやすい。気力溜めと距離の確保をこまめにしよう。遠めの対空は昇りジャンプBで。近距離ジャンプでまとわりつかれた場合は、近距離立ちC(A)で相打ちを取るのが精一杯くさい。直前に出した攻撃がBだったならば、一発喰らってでもAに切り替えなければならないと思う。

キング

ミッキー

対空は昇りジャンプBか、立ちAで。地上戦はしゃがみガードとベノムとしゃがみBで戦う。ミッキーの地上技は全てしゃがみガードで防げるので、絶対に無理はしない。またこちらからジャンプする事は積極的にはしない方がよく、飛び込んだ場合でも地上技に繋げずにガードした方が安全。ミッキーのしゃがみBで割り込みをかけられてしまう。

ジョン

ベノムの方が飛び道具として優秀なので、遠距離での撃ち合いは有利。空中戦は不利だが、立ちAが対空として機能してくれるのでジャンプする必要はない。問題となるのは気力が無くなってからと接近されてから。気力はなるべくBで溜め始めよう。メガスマッシュを立ちC(B)で消す選択肢が持てる。立ちBはモーションが大きいのでジャンプBかC+Bがいい。接近戦はしゃがみガードとしゃがみB中心で。背の高さの割にはオーバードライブキックが当たりやすい。下段なのでちょっと怖い。ギリギリズームアウトしている距離なら立ちBを振るのもアリ。

Mr.ビッグ

相手がベノムにビビってくれるかどうか。その一点に尽きる。ベノムを恐れて近づいてこないならベノムと気力溜めの繰り返し。グランドブラスターはしゃがみAで消す。タイミングを合わせればベノムで宙に浮いてグランドブラスターをスカす事もできるが無理するほどの価値は無い。
近づかれた場合。立ち系の牽制をしているならしゃがみBをちょこちょこ当てる。だが基本的には立ちガードをしつつ後ろに下がり、三角飛びで脱出し再び距離を稼ぐ事を目指す。グランドブラスター以外に下段は無いので立ちガードしていれば安全に画面端に到達できるだろう。その場合グランドブラスターには垂直ジャンプで対応。ガード切り替えの問題でしゃがみガードは間に合わない場合が多い。前ジャンプは絶対に禁止。
とにかく火力が違い過ぎる。まず逃げる事を前提に戦おう。距離を確保して初めてベノム。

Mr.カラテ

基本的な対策はリョウと変わらない。だが飛び道具の性能アドバンテージがリョウより小さく、それがそのまま対戦の厳しさに直結している。特に中間距離での牽制に気を使おう。こちらの通常技の隙は大きいので、空振りに虎煌拳が当たる。大ダメージでダウン。下手したら気絶してもう一度虎煌拳。牽制は極力ガードさせる事。ダッシュしてのC+Bがオススメ。あくまで距離が詰まりつつある時の話で、基本が遠距離なのはキングの鉄則。