※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リー立ち回り

速さとリーチを活かして常に主導権を握っていこう。空中戦も得意だ。主に使う技はしゃがみBとジャンプAおよびジャンプB。これにアクセントとして三角跳びやC(B)、大ダメージの百烈旋風脚などを混ぜていく。
対空手段に強力なものを持っているので、焦った相手が飛び込んできても確実に落としていける。間合いが合わせられるなら高威力のA+C。積極的に落としにいくなら昇りジャンプBで決まり。
体格が最軽量なので異常なまでにダウンしやすい上に防御力も低い。相打ちは負けだと思い、全ての技を一方的に当てるつもりで立ち回ろう。ガード崩しがちょっと貧弱。下段が鉄の爪(下段)しかない。飛び越すようにジャンプして左右を揺さぶれるか。密着ジャンプBを使いこなせるようになるとダメージ源として重宝する。

キャラ対策

リョウ

しゃがみBを振り回して固めるのが基本。時々三角跳び。対空はA+Cで問題ない。C(B)は投げが怖いので接近手段として使うよりも近距離から後ろに抜けるイメージで使う。

ロバート

リョウと一緒。ただ対空は昇りジャンプBを多目にした方がいいかも。

藤堂

気力を減らして重ね当てを封じるのは基本なんだが、リーはダウンしやすいのが問題。特にしゃがみBがB+Cで潰されるのが困る。まず重ね当て対策だが、ジャンプAで藤堂の頭上を狙うのが良さそう。重ね当ては真上には攻撃判定がない。着地が裏にまわるくらいの気持ちで飛び込もう。地上戦ではB+Cが意外と活躍する。リーチは長いし、重ね当ても消しやすい。ただし隙は大きいので読まれて飛び込まれないように。藤堂を画面端に追い詰めたらジャンプAを昇り降りで繰り返してみよう。かなり対応が難しいはずだ。

ジャック

ジャックのC(B)への対応が勝敗の全て。しゃがみBでどこまで潰せるか。当然相打ちをせずに、だ。百烈拳で吸い込みを狙えるとプレッシャーになる。その他の攻撃はしゃがんでいれば対応可能。超ドロップキックもしゃがみガードできる確率が高いので中段はほぼC(B)のみだと思っていいだろう。
とにかく体格と攻撃力で負けてるのが厳しい。ジャックの暴れに対して百烈旋風脚を狙って攻撃力不足を補うのも大切。意外と鉄の爪(下段)は潰し辛いようだ。潰しに失敗してよく喰らってくれる。

リー

キング

ベノムストライクは前転で潜りつつ接近できる。ベノムのモーションに毎回反応できれば楽に戦えるが、そうでないなら挑発がベノムの基本対策。前転はベノムをやや打ちづらくさせる程度の要素だと割り切った方が良い。1度潜っておくと脅しになる。空対空はやや分が悪いので飛びこみは控えめに。対空はA+Cでいいだろう。地上戦はキングのC(B)のバリア性能の高さに手を焼くかもしれない。C(B)で一気に接近を狙うよりもB+CやしゃがみBを振りつつ徐々に画面端に追い詰める方が安全そう。

ミッキー

しゃがみBが天敵。出が早く、位置も低く、威力が高い。リーの長所を打ち消しつつ、短所を突いてくる技。特にミッキーの起き上がりに振り向き攻撃するのは禁止。しゃがみBは自動で振り向いて的確にリーを落としてくる。相打ちになってもダメージ負けしてしまう。
間合い調節しながらしゃがみBの先端をちょこちょこ当てるのが良いかな。時々B+Cを出せば単調になりづらい。ミッキーのジャンプはA+Cで確実に落とす事。ミッキーが固まっているようならジャンプAで飛び込むのも悪くない。あとは奇襲の百烈旋風脚が当たるのを祈るのみ。百列旋風脚の後は昇りジャンプBでフォローできるので、バクチで出して構わない。但し気力を回収するチャンスはほとんど無い点だけ注意。普通に地上戦をやっている分にはミッキーはまずダウンしない。

ジョン

空中戦に分が良いので意外と戦いやすい。しゃがめばオーバードライブキックに当たりづらいのもグッド。足払いの刺し合いもリーチと速さで有利。メガスマッシュはC(B)で消しつつ前進できる。よってC(B)で間合いを詰めつつ、しゃがみBでチクチクやってればオーケー。ジョンがジャンプした時に迎え撃つ場合と画面端に追い詰めてガード貫通を狙う場合以外はリーがジャンプする必要はない。地上戦で制圧しよう。下手にジャンプして対空オーバードライブキックで大ダメージ喰らう方が怖い。百烈旋風脚はガードさせてしまえばほぼ反撃は喰らわない。出掛かりを立ちBで消されるのが怖いだけ。明らかにリターンの方が大きい。ジョンがうかつな牽制したらビシビシ使おう。下段鉄の爪攻撃も潰されづらいし、高威力の反撃も受けづらいので気軽に使ってよい。

Mr.ビッグ

しゃがんでいれば近距離立ちAの2段目とグランドブラスター以外当たらない。その上両方ともしゃがみガード可能。立ちAはガード後にしゃがみBで反撃確定。グランドブラスターは立ちBやC(B)および百烈旋風脚で飛び越し可能。ビッグ側も鉄の爪(下段)以外は立ちガード安定だが、上手く頭部を狙えばガード不能。
こう書くと負ける要素は無さそうだが、リーが攻めると反撃を受ける可能性が当然出てくる。ただでさえ攻撃力の高いビッグと防御力の低いリーなので、ちょっと対応を間違えるだけで体力4割とか当たり前。まずビッグと対戦する時は60秒間しゃがみガードする覚悟を決めよう。
戦い方としてはしゃがみガードとしゃがみBで画面端に追い詰めてからが勝負。選択肢はしゃがみガードで待つ・しゃがみB・C(B)から昇りジャンプB・ジャンプA・鉄の爪攻撃(下段)。C(B)から昇りジャンプBは画面端だと防御不能になりやすい。そうでなくても鉄の爪攻撃(下段)を警戒してしゃがんでいるビッグに狙おう。素でジャンプするならAの方が防御不能を狙いやすい。しかも攻撃姿勢的に落とされ難い。立っているビッグには鉄の爪攻撃(下段)。ただし突き抜けてしまって位置が逆になりやすい。即起き上がりにジャンプを重ねて距離を取られないようにする。あとは百烈旋風脚をどれだけ当てられるかとグランドブラスターへの反応速度が勝敗の鍵。グランドブラスターは見てから百烈旋風脚当てるのがベストだが、反応できないなら垂直ジャンプで対応するのがベター。

Mr.カラテ

スピードのアドバンテージがあまりなく、攻撃力は圧倒的にカラテの方が上。速さを活かして必殺技比重がリョウよりも大きい。特に暫烈拳。しゃがみBを当たらない距離出せば暫烈拳をスカせるしダッシュ投げへの牽制にもなる。繰り返すがリョウよりも動きが速い事にも注意。対空はA+Cよりも昇りジャンプBの方が反応が楽かもしれない。