※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

影二基本パターン

流影陣をカウンターで当てていくパターンが多い影二。コマンドミスをするとジャンプしてしまいパターン復帰が難しい。できれば他のキャラで何回かクリアして基本パターンのコツを掴んでから影二に挑戦するべきだと思う。
流影陣は気力青で出す事。気力青流影陣を短い時間に2回当てるとダウンするので、その間にMAXまで気力を回復しよう。流影陣は先攻入力をフル活用すれば、ジャンプ暴発のリスクを減らせる。
投げから気絶を狙う場合は気孔砲しか気絶までもっていけない。気孔砲のリーチに注意しよう。(一応投げ→しゃがみ強キック→流影陣でもイケるが、いずれにせよ距離を詰めなければならない。)ただ影二は移動スピードが速いので、特にダッシュせずに投げ直後から歩けば、充分射程距離に入れるだろう。
対空に関しては、立ち弱キック・しゃがみ強パンチ・C+A・ジャンプ弱キック・霞み斬りを距離や相手、残体力等を見ながら使い分けねばならない。主には立ち弱キックを使う。判定は強いし、距離によって出る技が変わる事は無いし、ダウンしないので回転率が良い。
リーと影二がやっかいなのてテムジンスタート推奨。影二の方が嫌な人はユリスタートでも可。

キャラ別ポイント

リョウ

開幕と同じ距離で三角飛びをする。リョウは当たらないタイミングでしゃがみ強キックか空中虎煌拳(横)を出してくるので、空振りを投げる。受け身を取らなかったら、起き上がりに気孔砲を重ねて気絶させる。以降は投げ→気孔砲の繰り返し。
パターンが崩れたら一度バックジャンプ。リョウが何らかの行動をおこすので、その隙に距離を確保してから三角飛びやり直し。画面端を背負ってしまっているなら、しゃがみガードをしていれば投げてくれるので、受け身を取って仕切りなおし。

ロバート

C+Bをガードさせて即キャンセル流影陣。ロバートは飛燕疾風脚を出そうとして喰らう。C+Bは先端をガードさせるのがコツ。キャンセルが遅れても間に合う可能性が高くなる。気力は流影陣が当たる度に、こまめに回復しておく。ロバートの気力が無い時にC+Bをガードさせると、三角飛びがロバートの行動選択肢に入ってくる。そこで流影陣を空振りしているとロバートが気力を溜め出してくる。こちらも気力青まで確保したら、とっとと近づいてC+B。パターンに復帰しよう。MAXまで溜まると覇王翔吼拳がくるので、流影陣でかき消すか出掛かりを何らかの技で潰そう。

ジャック

立ち弱キックをキャンセルして気孔砲。すると極ナックルパートを出そうとして喰らう。ダウン中に気力を回収して、ジャックの起き上がりに気孔砲を重ねる。気孔砲はやや遅めに置いておくカンジで可。ジャックの方で喰らってくれる。ジャックにガードされた場合、直後にスーパードロップキックが来るのでガードして反撃しよう。近距離立ち強パンチ→C+Bの連続技を練習すると良い。

リー

霞み斬りをガードさせるとジャンプしてくるのでC+Aで落とす。起き上がりに霞み斬りを重ねてガードさせればまたジャンプしてくれるのでC+Aで落とす。繰り返し。霞み斬りは気力青で先端をガードさせた方が安全。C+Aでダウンさせている間に気力は回復しておこう。またC+Aは少し下がってから手の先端を当てるように出すと安全度が上がる。リーのジャンプ攻撃は下方向に強いが横方向には長くないのを意識しよう。

キング

開幕のベノムストライクは流影陣で反射。直後から垂直ジャンプ大キックで牽制していればキングが飛んでくるのでくぐって投げる。投げたキングが受け身を取らなかったら近づいて気孔砲を重ねて気絶を狙う。キングが受け身をしたり気孔砲をガードされた場合は垂直ジャンプ大キックへ戻る。キングはジャンプする前に立ちガードポーズを取るので前兆を見逃さない事。垂直ジャンプキックをしているのにそれ以外の行動をとったらスライディングがくるので一度しゃがみガードをする事。
ユリやタクマやジョンのように流影陣連発でも対処できる。ただキングの気力に依存する部分が大きいので、パターンが崩れた時の緊急回避的に使う方が良い。

ミッキー

C+Bをガードさせるとバックジャンプするので繰り返して画面端まで追い詰める。画面端まできたらバックジャンプを天馬脚で落とす。ダウン中に気力を回収してミッキーが起きたらC+B。再びバックジャンプを天馬脚で落とそう。天馬脚は気力の減りが大きいので気力は回収しきれずにちょっとづつ減っていくだろう。時々C+Aで落として、気力を回復しておく。C+Aで落とす場合にはC+Bは深めにガードさせると、C+Aが安全に当てやすい。
もしくは気力が赤くなったらその場でカス霞み斬り連打。ミッキーは勝手に喰らうかガードしてくれる。霞み斬り連打の方が得点効率は良いが、やや反撃を喰らう可能性が高い。お好みで。

ジョン

開幕即流影陣。ジョンは歩いて近づいて喰らってくれるので、硬直が切れると同時にもう一度流影陣。ジョンがダウンするので気力回収。以下繰り返し。C+Bをガードさせるとメガスマッシュで反撃がくるので反射するやり方でもいい。パターンが崩れた場合は少し離れて気力を回収してからやり直そう。ジョンはこちらの気力回収をあまり潰しにこない。逆にジョンが気力を回復してきたら注意。メガスマッシャーやアトミックスマッシュがくる可能性がある。メガスマッシャーはガード。アトミックスマッシュはしゃがみ小キック連打で抜ける。見分ける自信がないならばおとなしくガードしよう。

タクマ

離れた所で気力青流影陣を出せばしゃがみ大キックを出そうとして喰らってくれる。タクマが喰らったら即流影陣。これでタクマはダウンするのでその間に気力を回収しよう。あとはその繰り返し。
まず開幕から後ろに歩いて様子見。タクマが何もしなければ、流影陣でパターン開始。覇王至高拳がきたら流影陣で消しても良いし、垂直ジャンプで避けても良い。できれば垂直ジャンプ推奨。そのままパターンに入れる。流影陣を使う場合は気力をMAXまで回復して、青流影陣を2連続で出せるだけの気力確保してから、パターンに持ち込もう。

ユリ

ジョンやタクマと同じ。気力青流影陣を離れた所で出せば勝手に喰らってくれる。すぐに2発目の流影陣を出せばこれも喰らってダウンするので気力を回復して繰り返し。ユリはジョンやタクマよりもダウンしてからの猶予時間が少し短い。気力MAXまで回復するのでは無く、ユリが起き上がったら気力溜め中断、流影陣。このぐらいの感覚でやると良い。
パターンが崩れたら、ちょっと離れて気力回復。ユリの気力があれば虎煌拳が2発くるので両方共流影陣ではね返す。ユリの気力がなければ遠距離立ち強キックで突っ込んでくるので、ガードしてC+Bでダウンさせる。気力がMAXになったらパターン再開。

影二

画面端と端よりやや近い距離くらいで挑発すると影二がジャンプしてくるので立ち弱キックで落とす。問題は距離をどう作るか。ひとまず開幕バックダッシュ。これで距離が作れれば、挑発してパターンに持ち込める。できなかったら相手の影二の天馬脚ガード後、C+Bの先端が当たった時、投げた時。これらのタイミングで距離を微調整してパターンを狙う。
主に体力満タンで試合を進めた場合、終盤影二が挑発に反応しなくなる。その場合、挑発→前後にちょっと歩く、これをしばらく繰り返すと影二が飛び込んできてくれる。立ち弱キックで落とせば、また挑発に反応してくれるようになる。

テムジン

ジョン・タクマ・ユリと同じ。流影陣2連発してダウン中に気力回復の繰り返し。パターンが崩れた場合は気力なし流影陣をテムジンのすぐそばで連発しても大丈夫。テムジンはあの手この手で突破しようとしてくるが、ことごとく流影陣で潰せる。

Mr.ビッグ

開幕三角跳び。ビッグがジャンプ攻撃を狙ってくるので、くぐってC+Aを当て挑発。ビッグの気力が無くなったらC+Aでダウンさせ、画面端と端まで距離を取って挑発。ビッグがジャンプしてくるので霞み斬りかC+Aで落とす。霞み斬りを使う場合は画面端にポジションを取ったまま先端を当てる。C+Aを使う場合は一歩踏み込んでから出そう。挑発→霞み斬り→挑発→C+A→ダウン中に気力溜め→挑発→霞み斬り……の繰り返しが効率が良さそうだ。

ギース

開幕の烈風拳を垂直ジャンプで躱す。ギースが歩いて近づいてくるので投げる。ギースが受け身を取ろうと取るまいと後ろに下がって距離を確保。ギースの起き上がるタイミングで立ち弱キックを空振りするとジャンプを誘えるので垂直ジャンプ弱キックで落とす。以降はギース着地→立ち弱キック空振り→ジャンプしたギースを落とす。これがパターン。パターンが崩れたらしゃがみガードして待ち、飛翔日輪斬を立ちガードして投げよう。

VSテムジン・リー・ジャック
VS影二・ミッキー・ロバート
VSジョン・キング・タクマ
VSリョウ・ユリ・ビッグ・ギース