短冊に込められた謎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

6/27 大阪・横浜・博多・京都・東京で、「見守る者の部下」から託された 7枚、 6/28 WITWIT古書店一周年記念スペシャルプレゼントとして 3枚、 7/2 原宿事変にてオレンジ男から奪還した 7枚
合計十七枚の短冊が揃う。この短冊に込められた西谷教授からのメッセージとは?


上が提供された短冊の歌、下が原文

WITWIT 曇りなき 月を見るにも 思うかな 明日は 雲間 の 上に照るやと
曇りなき 月を見るにも おもふかな 明日は かばね の 上に照るやと 吉村虎太郎
大阪 ほととぎす  空ゆく 声は有明の 月よりほかに 聞くものぞなき
ほととぎす  血に啼く 聲は有明の 月よりほかに 聞くものぞなき 久坂玄瑞
京都 肝胆元雄大、奇機自湧出、飛潜有誰識、偏不恥
肝胆元雄大、奇機自湧出、飛潜有誰識、偏不恥 武市瑞山
博多 三千世界の 烏を 泣かし  主と朝寝が してみたい
三千世界の 烏を 殺し  主と朝寝が してみたい 高杉晋作
横浜 われもまた 花のもとにと おもひしに 若葉の 下の  きゆる命か
われもまた 花のもとにと おもひしに 若葉の かげに  きゆる命か 中島三郎助
東京 春の草  色までは 覚えけり
春の草  色までは 覚えけり 土方歳三
原宿事変 雪折れし 松に罪こそ なかりけり 裁にし 親が  むくいなるらん
雪折れし 松に罪こそ なかりけり 裁にし 人の  むくいなるらん 高杉晋作
WITWIT 鳴神の 持てる斧われ 得てしかも  のまこ臣 討てし止まむ
鳴神の もてる斧われ えてしかも  のまこ臣 うちてしやまむ 有馬新七
原宿事変 論より 実を行なへ なまけ武士 国の大事を よそにみる馬鹿
論より 実を行なへ なまけ武士 国の大事を よそに見る馬鹿 河上弥一
東京 日は いとど恋しく 思ひけり 我がよき友は いづこなるらめ
日は いとゝ恋しく 思ひけり 我がよき友は いづこなるらめ 伊庭八郎
原宿事変 十一 の かつがつ物を いひ出る 御世をつぶやく 死眼人
の かつがつ物を いひ出る 御世をつぶやく 死眼人 橘曙覧
東京 十二 なよ竹の 風にまかする 身ながらも たわまぬ節は  泣く とこそきけ
なよ竹の 風にまかする 身ながらも たわまぬ節は  あり とこそきけ 西郷千重子
WITWIT 十三 つつみおく 真弓もやがて 引きしぼり  ふり はなすべき 時は来にれり
つつみおく 真弓もやがて 引きしぼり  うち はなすべき 時は来にけり 中村半次郎
原宿事変 十四 武士の 道こそ多き 世の中に ただ 筋の大和魂
武士の 道こそ多き 世の中に ただ 筋のやまと魂 寺島忠三郎
原宿事変 十五 世の 情け  われをなんとも いはばいへ わがなすことは われのみぞしる
世の 人は  われをなんとも いはばいへ わがなすことは われのみぞしる 坂本竜馬
原宿事変 十六 大君の 御旗のもとに 死してこそ 人と生れし  斐はありけれ
大君の 御旗のもとに 死してこそ 人と生れし  斐はありけれ 田中河内介
原宿事変 十七 優国十年  走西馳 成否在天 魂魄帰地
憂国十年  走西馳 成敗在天 魂魄帰地 平野国臣


書き換えられた箇所を抽出

札番 変化後  →  変化前
雲間  →  かばね
空ゆく  →  血に啼く
 → 
泣かし  →  殺し
下の  →  かげに
 → 
親が  →  人の
 → 
 → 
 → 
十一  → 
十二 泣く  →  あり
十三 ふり  →  うち
十四  → 
十五 情け  →  人は
十六  → 
十七  → 


変化前の文字を繋げると、

『 かばね 血に啼く 龍殺し かげに 五人の 醜議の書あり うち一人は甲東 』  となる。

「甲東」とは、大久保利通の雅号 → 五人のうちの一人は大久保利通



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。