八十を過ぎた記念に


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゼミサイト内「100の遺産プロジェクト BBS」の投稿数が80を超えた記念に 「遠くから見守る者」 と名乗る人物よりメールが届く。
見守る者側もXの襲撃を受け、拠点を移すとのこと。 短冊に込められた西谷教授のメッセージとは?



 ----- Original Message -----
 From: <closelink_distance04☆yahoo.co.jp>
 To: <nishiya_bakumatsu_semi☆yahoo.co.jp>
 Sent: Sunday, June 28, 2009 02:03 AM
 Subject: 八十を過ぎた記念に

 「諸君の行動力、団結力に感動した。

 危険を顧みず、各地で短冊を受け取ってくれた
 ぐりん、goma、poly6、ふぇにる、LION、ワイジロー、輪舞
 の諸君に感謝したい。

 先ほど襲撃を受けた。
 装備やそれぞれの動き・連携の良さからすると、全員プロだろう。
 Xに足取りをつかまれてしまったようだ。
 すぐに拠点を移し、今のところ教授も無事だが、
 このメールを送った後、さらに移動する。

 短冊は、西谷教授から託されたものだ。
 教授の研究テーマに深く関わるそうだが、私はその意味するところを知らない。

 教授はそれが「Xに対する痛撃になる」という。
 先ほどの襲撃や、何者かが東京に出現したことも
 それを裏付けるものだろう。

 Xの妨害に備えて、短冊を各地に分散し、例の古書店も使った。
 今となってはそれぞれのリスクを軽減しておいて良かった。
 教授の意向で香月氏にも直接届ける手配をしている。

 次にまた、諸君の決意の“証”が示される日を待っているが、
 しばらくはコンタクトできないかもしれない。

         八十を過ぎた記念に。遠くから見守る者より」





ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。