七十を過ぎた記念に


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゼミサイト内「100の遺産プロジェクト BBS」の投稿数が70を超えた記念に 「遠くから見守る者」 と名乗る人物よりメールが届く。
「遠くから見守る者」は、Xの追跡をかわしながら、西谷教授と共にいるらしい。 見守る者が私達ゼミ生に 「直接託したい物」 とは?



 ----- Original Message -----
 From: <closelink_distance03☆yahoo.co.jp>
 To: <nishiya_bakumatsu_semi☆yahoo.co.jp>
 Sent: Wednesday, June 24, 2009 01:05 AM
 Subject: 七十を過ぎた記念に

 「週末の戦いは見事だった。

 力を合わせて謎に挑み、真実に辿り着かんとする諸君に、
 大事なことを打ち明けよう。

 諸君が心配している西谷教授のことだ。

 今、教授は私と一緒にいる。
 福井での出来事は、私たちのサポートによるものだ。
 そこで教授を助け、できるだけ安全な場所を転々としながら、
 Xの追跡をかわしている。

 Xの狙いは教授の研究だ。
 教授は以前、これを公表しようとしたが、Xの執拗な脅迫により断念した。
 今も、ゼミ生諸君に早紀さんや桧垣君、高宮氏と同様の
 危険が及ばないかと非常に心配している。

 同時に、諸君の溢れんばかりの探求心に、非常に勇気づけられてもいる。

 しかしこのところ、ゼミ生の周辺に不穏な出来事が起きている。

 教授はその葛藤の中にいることを理解してほしい。
 私も直接何度も頼んでいるが、Xが狙っている研究の内容は
 ほとんど知らされていない。

 今こそゼミ生諸君の行動力・団結力が求められる時だ。
 私たちも諸君の力を借りなければならない。
 どうか協力してほしい。

 ゼミサイトでの活動を見て、情報収集や整理、推理といった尽力に敬服している。

 諸君はすでに、Xが閉ざした扉に手をかけんとしている。
 もはや実際のアクションを起こす段階に差し掛かった。

 諸君に、直接託したい物がある。

 以下のページを見てほしい。
 http://nishiya-bakumatsu-semi.com/research/shishitachinouta/quest

 最低限のセキュリティは考慮したつもりだが、
 教授からアクセス権限を一時預かり、転々としながら
 急ごしらえしたものだから、簡素なのはご容赦願いたい。

 諸君になら、このページの先へ進むための答えが出せるはずだ。
 それを解くカギは、すでに週末の戦いの後に示し、諸君も入手したはずだ。

 諸君の行動力と団結力を私は信じている。
 個人の力では困難なことも、多くの力を結集すれば乗り越えられることを、
 諸君はこれまで示し続けてくれている。

 次にまた、諸君の決意の“証”が示される日を待っている。

               七十を過ぎた記念に。遠くから見守る者より」




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。