見守る者との対戦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

6/20(土)21時 「五十を過ぎた記念に」で指定された場所に有志が集う。
合言葉は「6」。見守る者との対戦の末、得られたものは?



まずは諸君
これだけの人数が集まってくれた事を感謝する
チャットという形とはいえ 諸君と直接やりとりできてうれしい
Xに捕捉されないよう 場所を転々としながら諸君と連絡をとっている
今回も回線状況がそれほどいいわけではない
万が一回線が切れたならできるだけ早く戻るのでしばし待ってほしい
このテーブルは非公開にしているので ここでもう締め切る


 >いろいろ名勝負があり、ワイジローさん勝つ


素晴らしい勝負だった
では約束通り、重要な情報を渡そう
少し長い話になるが、最後まで聞いてほしい
よいかな?

私の先祖が明治の初期に司法省に属していて 江藤新平や児島惟謙と縁があったことは以前にも伝えたと思う
その私の祖先や仲間たちが司法省筋の密命を受けて
明治7年1月18日 新政府の要職に就く者たちの役宅などにある紙片を投じた
その紙片こそ その後の長きた戦いの口火となる 我々の先祖からの宣戦布告だった
これが140年以上にもわたるXとの戦いのはじまりだ

Xは維新以前から、後に新政府の高官になる者たちに 飼われていた闇の組織だ
歴史の表舞台には決してでてこなかった連中だ
我々の祖先や仲間たちはXとの戦いに傷つき 何人もが命を落とした
だが今は違う
諸君のように強い意志をもった者たちの協力を得ている
その力を結集すれば Xに対抗し得ると私は信じている

前置きが長くなった

その紙片の雛形となったもの ここでは資料と呼ぶ
その資料を私の部下を通じて WITWIT古書店に届けさせた
諸君も近々その資料を手に入れられるはずだ
資料は一見すると何も意味をなさない作りになっている
しかし諸君の能力を持ってすれば 我々先祖が託したメッセージに辿り着けるだろう
諸君が資料から導きだすであろうメッセージは 近々役に立つ時が来る 必ずだ

ただし忘れないでほしい
この資料は以後140年に及ぶ因縁の戦いの発端だったということを。
そして
諸君もその戦いに踏み込もうとしているということを。

私はその覚悟のある者と共に道を歩んで行きたい
さて、残念ながら私はもう去らなければならない

質問>あなたは西谷教授なんですか?教授と一緒にいるんですか?
    あなたはcat?西谷正史?
    このバックギャモンの意味は?
    教授は無事なんですか?
    せめて無事かどうかだけでも!

今夜はここにXの手の者がいないとも限らないので その質問にはまだ答えられない
残念ながら私はもう去らなければならない
諸君にまた会える日を楽しみにしている










対戦終了後、WITWIT古書店に【 WITWIT一周年記念スペシャルプレゼント 】として『資料』がアップされる。

日頃は「オンライン古書店WITWIT」をご利用いただき、ありがとうございます。
みなさまのお蔭で、当WITWITも開店から1周年を迎えることができました。
感謝の意をこめ、ささやかながら、無料ダウンロード可能なプレゼントをご用意しました。


これは、以前当店に「珍聞記事誌」を持ち込まれたお客様からいただいた資料です。
ちょうど当店の1周年記念の時期であり、お客様からも、
できるだけ多くの方に見ていただきたいので、
みなさまに無料で差し上げて欲しい、とのお申し出をいただきました。
資料がどういう物かわかりませんが、
みなさん、ご自由にダウンロードしてください。


今後とも、当WITWITをご贔屓にお願いします。


WITWIT店主 渡辺




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。