五十を過ぎた記念に


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゼミサイト内「100の遺産プロジェクト BBS」の投稿数が50を超えた記念に 「遠くから見守る者」 と名乗る人物よりメールが届く。
「遠くから見守る者」とは誰なのか?西谷教授、Xとはどのような関係なのか?明日の夜に何が起こるのか?



 ----- Original Message -----
 From: <closelink_distance02☆yahoo.co.jp>
 To: <nishiya_bakumatsu_semi☆yahoo.co.jp>
 Sent: Friday, June 19, 2009 11:28 AM
 Subject: 五十を過ぎた記念に


 「諸君の日々の取り組みや決意の“証”を見るたびに、
 私は心強い仲間の存在を感じる。

 Xのことでわかったことがあるから、報告しよう。
 諸君が立ち向かったマーキュリーや誘拐犯は、Xの手駒だ。
 いや正確には、手駒だった。
 マーキュリーという会社もその構成員たちも、
 Xに利用された挙げ句、早紀さんの件の直後に始末されたようだ。
 桧垣君や高宮氏を襲ったのは、Xの新たな手下なのだろう。

 今後もXは妨害の手を緩めないはずだ。
 それは、諸君が集める情報や推理をXが恐れる証左になるが、
 同時にこれから先、さらなる危険が及ぶことをも意味する。

 以下は、ここから先へ進む覚悟のある人にだけ伝える。
 次の一歩を踏み出し、Xが閉ざした扉を私と共に開きたいと願うのなら、
 明日の夜、下記の部屋を訪ねてほしい。

 ・6/20(土)21時
 ・http://games.yahoo.co.jp/games/login.html?page=bg
 ・ルーム名:ルーム12
 ・プレイヤー名:mimamoru_mono
 ・合言葉:数字。銀座/“和光時計塔”の“カメラに映る”時計の数。
 (日中と夜の時計を合わせた数としよう)。

 プレイヤー名をクリックしてくれれば、私から合言葉を尋ねる。
 答えられる人を招待しよう。
 何人挑んでくれても構わない。観戦をしてもらっても結構だ。
 私を打ち負かす力量を示してくれたら、
 そこに集う人たちに伝えたいことがある。

 ただし私は、あまり長い間はこの場所にいられない。

 回りくどいようだが、私が伝えようとしていることに
 それだけの重みがあると考えてほしい。

 諸君の情熱と決意が今後も消えることなく、その“証”が示され続けるのなら、
 Xが閉ざした扉もいつか開かれると信じている。

 明日の夜、諸君に会えるのを楽しみに待っている。

  五十を過ぎた記念に。遠くから見守る者より」





ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。