レンタルレイアウト利用までの流れ

貸レの未経験~初心者まで居るので、念のため。

行く前

計画

一人で行くにしても複数で行くにしても、計画は立てましょう。

予約

日時、番線指定ができる場合は、電話などで予約をすると確実です。
またレイアウトはどんな線なのか等も確認しておくと、次の工程で役立ちます。

車両の準備

いざ行くとなったら、持っていく車両の選定をして整備をします。レイアウトの雰囲気や有効長、仲間と行くならば仲間が持ってくる車両などを考えながら決めます。
持っていく車両が多ければ良いわけじゃありません。少数短編成でも、内容が濃ければ有意義に楽しめるはずです。

いざ店へ

どんな移動手段を使うにせよ、他の方に迷惑のかからないよう。
愛車のため、振動などにも気を使った方がいいです。

着いたら

チェックイン

まず現地に到着したらチェックインをします。
予約無し、もしくは出来ない場合、路線は何番線を利用したいのかを事前に明確します。
第3希望くらいまでは考えておいた方がベターです。

走行

さぁ、レイアウトの席に着いたら早速模型を走らせましょう。もし隣の席に見知らぬ人が居るなら挨拶は欠かせませんよね。
列車の設置や脱線時の対処等の際には、他の路線を走る列車の動きに気をつけます。
「服は垂れ下っている」「パンタグラフは上がっている」 ことを忘れずに。
また他にさまざまな利用者がいます。もちろん自分にとって癪に障るような方も居るかと思いますが、「触らぬ神に祟りなし」。
楽観視しておくのが、互いのためになる事もあります。
走行させる際にはゆっくりとスケールスピードが鉄則です。

お勧めの楽しみ方

  • 貨物列車→知人同士で機関車や貨車を持ち寄って走らせると◎
  • 柔軟な編成→単独走行に併結運転と、バラエティーに富むと飽きづらいです
  • 改造車両→目立つ車両だと注目されている感がたまりません(笑)
  • 撮影→やっぱりちゃんとした路線に置いて撮るといい感じになります
  • 罵声→「シャッター焚くな!」…内輪だけでほどほどにw

終わったら

チェックアウト

時間までに退出できるようにしましょう
忘れ物もないように。

アフターケア

走らせた上に輸送の振動を加えられた車両にはダメージが及んでいる可能性があります。
終了後のメンテナンスも欠かせません。
現地で発覚した問題も、帰宅後忘れぬうちに直しちゃいましょう。



.

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル