485系(仮)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


概ね良好か。

あの色に戻ってきた。
http://www.jakurei.com/news/11-06-01-2.htm

概要

  • 2005年まで盛アオ所属だった、最後の国鉄色A3編成をベースに。
    • あまり縛り要素は入れないかも?
  • 6両編成:::クロハ481-1013:モハ485-1032:モハ484-1032:モハ485-1077:モハ485-1077:クハ481-1016
  • 一応RS1時代に「編成指定」して作ったような気がします
  • 特別目新しいギミックなどは搭載しない(予定)
  • 6両1組ではなく通常通りの1両ずつ

PIメモ

  • JR型&国鉄色固定
  • 蛍光灯の点灯直後チカチカ
    • ドア上ランプの応用
  • 構成統一
    • RS上では[クハ+モハ+モハ(P)]の3種類で、細かい部分はスイッチ切り替え
    • 若干のポリゴン増加は許容して、テクスチャをできるだけ共通化
  • エフェクトの多重定義
    • ライト/パンタスパーク等
  • 実車収録幕
    • PI収録:「普通」「快速」「はつかり」「つがる」「白鳥」「かもしか」
    • 未定①:「つばさ」「あいづ」「やまびこ」「鳥海」
    • 未定②:「急行」「回送」「試運転」「臨時」
      • 調べた範囲では側面幕はもっとすごいらしい・・・
  • 連結カバー
    • なし、カマボコ、ソフト、四角錐 これだけでも「それっぽさ」に変化つけられるかなと
  • 特急マーク
    • 非貫通顔でも、貫通用を使用してる物あり(新ニイK2等)

実車メモ

  • 盛アオ時代は土崎での検査だったので、床下は通常の黒色(仙台転属後に郡山グレー化)
  • 青函対応のため交流用パンタはPS26B
  • 土崎で更新を受けていたが、運転台の後方監視窓はそのままだったらしい
    • あかべえ改造の郡山入場時に形状変化

  • 照明
    • 客室:蛍光灯
    • デッキ&洗面:電球寄り


-
.
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル