BLUEFOXのあの頃


RS1時代

VECTORの新着レビューでRailSimを発見!(RS1.00 ~)
3DCG製作や他ゲームでリペイントの経験は少しだけあったけど…

DD51とりあえず作ってみたけど不具合連発。即行で破棄した「初めてのRSプラグイン」

DD51ネットから拾った写真をベッタリ貼ってた「初テクスチャマップ」

DD51写真のボケが気に入らず、初めて自分で描いた「自作テクスチャ」かな?

キハ283機関車ばかりのBLUEFOX作品では希少な「旅客車両」

RailSimウェブサイト「R.S.REAL」開設時代

RailSimの古き良き時代(RS1.11 ~ RS1.12b)
鉄道殆ど興味無し。製作が楽しめそうなものを作ってた。s.sasakiさんに負けまいと頑張りました

EH500あの時代のクリエイターにはRS界初の「フルテクスチャ」作品として有名らしい。今見るとポンコツ。

E926透過テクスチャを使った「夜間照明」の勉強になりました

表向きの活動休止時代

クリエイター間での活動に限定(RS1.12b ~ RS1.30a)
せっかく好きなように作れるんだから…

DF100架空の車両ばかり作ってた。実在しない=「自分で表現を考える」でレベルアップ?

装甲列車銀河鉄道チック。「リアリティのある雰囲気」を求めて照明や影、ウェザリングにこだわるようになる。これ結構好きでした。


約2年の活動休止を経て RS2時代へ

RS2開発への参加をきっかけにクリエイターへ復活(RS2 Beta9 ~)
2年のブランクと新たなRailSimで全てリセット?…想像してたよりずっと良い仕上がりに

EH500この車両が再びクリエイター達の良い刺激になる事を願ってRS2版へ「完全リニューアル」。

DF100「満足できる作品」を作りたくてこれもリニューアル。テストを重ねて色々な新機能を実装。

SC100パーティクルやムーバーの勉強になりました。製作に時間かけすぎて完成の頃には初期のテクスチャに不満、そして描き直し。

現在

短期間の活動休止を挟みながら少しずつ活動(~ RS2.12)
最後の車両プラグインかな。いまだに鉄道はよくわかならないので資料収集たいへん
DD51と駅 ゆっくり地道に「製作中」
[RailSim II] 駅とDD51


ブランクもあるし、たぶん現在まで作ったプラグインが30個もないのだからとても大きなレベルアップだと思う。
でもそれはライバルでもあるクリエイター仲間が居たおかげ。
一人がレベルアップすれば技術情報を共有し合う仲間みんなが共にレベルアップし、新しいプラグインは必ず前作より高いクオリティで製作出来ていました。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|