フェンリル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要
分類 怪物、幻獣
属性 地?火?
由来 大地を揺らす者?
沼地の薮の狼?
破壊の杖?
言語 北欧の多くの言語。
ゲルマン語?ドイツ語?
その他 -

フェンリル (Fenrir) とは、北欧神話に登場するの怪物。
別名でフローズヴィトニルヴァナルガンド(破壊の杖)、フェンリスヴォルフ(Fenris Wolf)などとも呼ばれる。

トラブルメーカーで悪戯好きな神ロキと、イアールンヴィズ(鉄の森)に住む巨人の魔女アングルボダの間に生まれた3人の子供の長男。妹はニブルヘイムの女王ヘル、弟は大蛇の怪物ヨルムンガンドである。

運命の女神ノルンは、彼ら兄弟がやがてラグナロクにおいて世界を滅ぼし、フェンリルはオーディンを食い殺すと予言する。よってオーディンは生まれたばかりの彼らを追放することを決める。フェンリルは、口を開けば下あごは地面に触れ、上あごは天に届くほど巨大な口を持っている(口や鼻から炎を吐くという説もある)といわれるが、生まれたばかりのフェンリルは普通の狼と変わりない姿だった。そのため、弟や妹のように追放はされず、神族の監視の下でアースガルズの中に置かれるに止まった。

しかし、フェンリルは日に日に目に見えて成長した。神々は

カテゴリ | モンスター | 地属性 | 火属性 | ドイツ語 | その他の言語
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|