プロミネンス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要
分類 自然現象
属性
由来 突き出た (Prominent)
言語 英語
その他 アニメ「ドラゴンボール」のオープニングに描かれているシーンがある。

プロミネンス (Prominence) とは、太陽現象の一種。
太陽の表面(光球、地球上で視認できる太陽光を発している薄い層)の外側にある彩層というガスの層の一部の濃い高熱のガスが、より希薄なコロナへ伸び、太陽磁場の磁力線に沿って噴出する現象のこと。太陽の縁から巨大な炎が燃え上がるように見えることから、日本語では紅炎(こうえん)と名付けられた。

太陽の縁でなく中央、すなわち正面から見たような場合は、プロミネンスの物質が光源である光球の光を吸収するため、暗い筋状に見える。これは、暗条(あんじょう)、英語でダークフィラメント(Dark Filament)と呼ばれている。見え方が違うだけで、プロミネンスと同一のものである。

皆既日食の際には肉眼でもわずかに視認できる。天体望遠鏡に観測用のフィルターを通したり、太陽撮影用デジタルカメラなら通常時でも視認が可能。しかし、太陽の観測には視力低下失明の可能性があるので正しい知識と注意が必要。

英語では、「目立つ物、場所」「突出した物」「卓越」という意味もある。

カテゴリ | 魔法や現象 | 炎属性 | 英語
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|