ダガー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要
分類 武器(短剣)
属性 -
由来 古代ヨーロッパのダキア人という人々が使用していた剣。
言語 英語
その他 同じような短剣の総称ともなっている。

ダガー (Dagger) とは、刃渡り30~50cm程度の両刃の短剣。
ナイフにも似たようなものだが、ダガーは戦闘を目的に使用され、ナイフは日常生活で使われるものも含む。

主に刺すこと、投げることに向き、中世ヨーロッパでは、プレートアーマーなどで重装備した騎士に長剣では直接的な致命傷を与えにくかったため、相手の動きを封じてから、鎧の隙間を狙いダガーのような短剣を使って突き刺すというほうが効果的だった。レイピアのような軽量の剣と併用して二刀流を行うこともあり、マインゴーシュソードブレイカーといったそれぞれ特徴的な使い方をする短剣も存在した。

日本では、刺刀脇差といった短刀が存在した。

ゲームでは、初期装備や序盤で手に入る武器としてよく登場する。

カテゴリ | 武器と防具 | 英語
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|