ナイフ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要
分類 武器(短剣)
属性 -
由来 アングロサクソン語のクニーフ (Cnif)に由来。
言語 英語
その他 -

ナイフ (Knife) とは、種類によって異なるが、刃渡り10~30cm程の短い刃物のこと。
種類・用途は多岐にわたり、世界中の各地域で昔から同様の刃物がある。

刃渡りの短い刃物にダガーという短剣があるが、ダガーは対人戦闘を目的としており、ナイフの使用は日常用品としての面が大きい。武器としての使用目的があるナイフは、狩猟用のハンティングナイフや軍隊で使われるサバイバルナイフなどがある。殺傷する事を主眼においたものはファイティングナイフ、スナッフナイフとも呼ばれる。

食器道具として扱われるものも多く、西洋では古代のローマ時代より食卓で使われている。東洋でも古来ナイフに似た刃物を食事に使用していたが、包丁が調理用に特化したナイフとして広まった。

ゲームなどでは、短剣の武器として登場する事もある。

カテゴリ | 武器と防具 | 英語
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|