Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

量子真空
慣性を規定する。
第二状態:慣性軽減
第三状態:フォトニック
第四状態:タキオニック
序論(イクソーディアム)
ガリアナが火星で行った実験。フェリカも参加した。量子の重ね合わせを意識に繋ぐ。
ウルフにより滅びた未来からのメッセージにより、船の建造中止や地獄級兵器の製造が行われた。
プロキシ機
フェリスビル会議
イエローストーン星を実効統治する無政府民主主義者の政府。
夜会(ナイトカウンシル)
内部会(クローズドカウンシル)
枢機部(イナーサンクトゥム)
内部会の最高機密を扱う部。
ナイトシェード号
地獄級兵器回収のためマザーネストからリサーガム星へと向かった。航行中クラバインの追跡を察知し、速度上昇のため超光速推進実験を行い、機体が破損する。その後追いつきフェリカ救出のため乗り込んできたクラバインとスコーピオにピンヘッド爆弾を設置され、爆散する。
脱出船団
静穏設計のエンジンを搭載した十二隻の船。ウルフから逃走するために建造され、その追跡を避けるためタウニュートリノの発生量は二桁に減らされている。ナイトシェード号に続き三隻がリサーガム星に来るが、先に地獄級兵器を手に入れていたゾディアカルライト号により、一隻が撃破された。
未完成交響曲
キーレンバッハによるもの。クラバインが快速船内で流した曲。
ゾディアカルライト号
クラバイン一行がリサーガム星への脚として、Hとスコーピオの協力によって強奪された船。慣性制御システムが搭載され、既存の船の数倍の機動力を持つ。全長4キロメートル。スコーピオの要望により、エルドリッチチャイルド号から改名された。
マンデルスタム規定
フェリスビル会議が制定した、恒久的死刑判決を受けた者のアルファレベル、ベータレベルの押収と破壊の権限を当局が持つという規定。
消し屋(イレイザーヘッド)
マンデルスタム規定に基づきアルファ/ベータレベル記録の消去を行う専門捜査官の通称。