Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイアデム星

マーティン・セターホーム
クレバスの底で発見されたアメリカ人研究者。遺体の側には、「IVF」の書かれたダイイング・メッセージが遺されていた。ワームの熱心な研究を行っていたことが、記録されていた。
アンドリュー・アイバーソン
テラフォームに関心を持つ気象学者。血液を不凍液と交換し、冷凍保存されていたところを発見された。その後、連接脳派の技術により蘇生する。蘇生後はフェリカと仲良くなる。後に彼がセターホームであること、仲間を殺戮したことが判明する。置き去りにすると言ったダニエルに逆上し、襲いかかったところを殺される。
彼は氷河に於けるワームが、自己組織化を行っていることに異常な関心を持っていた。そのため核融合炉の運転が氷河を破壊することに反対し、孤立していた。後に渦鞭毛藻を用いて仲間を皆殺し、自身の記録とアイバーソンの記録を入れ替え、自身に凍結処理を行い凍りつく。