Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Contents

[close]
  1. 概要
  2. 用語
  3. 登場人物

概要

[Edit]

用語

奇獣園
グラーフェンワルダーが蒐集した多くの動物、フリークスが展示されている。
粘液掻き取り虫(スライムスクリーパー) (Slime Scraper)
グランテトン星由来。
悲鳴敷物(スクリーチマット)
ファンド星由来。
[Edit]

登場人物

カール・グラーフェンワルダー (Carl Grafenwalder)
保安システムにて財を成した、イエローストーン星のコレクター。その奇獣園には様々な生物を飼っているが、デニズンを探し求める不思議な衝動を抱いていた。
その記憶は封印されているが、実はデニズンを創造した懸垂都市カドムス-アリステリウス市の特殊計画部門の実力者であった。融合疫の蔓延により安心したのも、その過去が完全に失われたと感じたからであった。
アーシュラ・グッドグラス (Urusla Goodglass)
新興の珍獣コレクターの一人。グラーフェンワルダーと反目していた。デニズンの生き残りの一人であり、エウロパにてデニズンの迫害を行ったグラーフェンワルダーに復讐を企んでいた。
シャリス (Shallice)
ウルトラ属の商人。グラーフェンワルダーにハマドライアドの近成熟体を手配し、グッドグラスに幼体を売ろうとしていた。しかしグラーフェンワルダーと取引し、グッドグラスには幼体の死体を与えた。
リフュージョ (Rifugio)
グラーフェンワルダーにデニズンを手配したウルトラ属の商人。しかしそのデニズンは、良くできてはいたがハイパー豚から造られた模造品であった。
エドリック・グッドグラス (Edric Goodglass)
アーシュラの夫。融合疫後、輿から出ずに生活している。
しかし実際には融合疫の蔓延から数ヶ月後に死亡しており、輿の中にはトランティニャンが入っていた。
トランティニャン (Trintignant)
高名な改造手術師。ある星にて自らを腑分けし、自殺したと言われていた。その破片はリチャード・スイフトが持ち帰えり、その後コレクターの間を回っていた。
それら破片は状態が良く、アーシュラにより再建された。
マイケル・フェアファックス (Michael Fayrfax)
ライサンダー・キャロウェイ (Lysander Carroway)
アラン・クープラン (Alain Couperin)
サークルメンバー。
サンドラ・ボイ (Sandra Voi)
エウロパの懸垂都市を建設した。
アシュリー・シャブリエ (Ashley Chabrier)
グラーフェンワルダーがリフュージュとの会合場所に指定した建物の所有者。グラーフェンワルダーとは長年の取引関係がある。