Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Contents

[close]
  1. 概要
  2. 用語
  3. 登場人物
    1. メインキャラクター
    2. 連接脳派
    3. ストームバード号
    4. イエローストーン星
    5. カルーセル・ニューコペンハーゲン
    6. リサーガム星
    7. ノスタルジア・フォー・インフィニティ号
    8. カズムシティ
    9. ゾディアカルライト号
    10. others

概要

[Edit]

用語

量子真空
慣性を規定する。
第二状態:慣性軽減
第三状態:フォトニック
第四状態:タキオニック
序論(イクソーディアム)
ガリアナが火星で行った実験。フェリカも参加した。量子の重ね合わせを意識に繋ぐ。
ウルフにより滅びた未来からのメッセージにより、船の建造中止や地獄級兵器の製造が行われた。
プロキシ機
フェリスビル会議
イエローストーン星を実効統治する無政府民主主義者の政府。
夜会(ナイトカウンシル)
内部会(クローズドカウンシル)
枢機部(イナーサンクトゥム)
内部会の最高機密を扱う部。
ナイトシェード号
地獄級兵器回収のためマザーネストからリサーガム星へと向かった。航行中クラバインの追跡を察知し、速度上昇のため超光速推進実験を行い、機体が破損する。その後追いつきフェリカ救出のため乗り込んできたクラバインとスコーピオにピンヘッド爆弾を設置され、爆散する。
脱出船団
静穏設計のエンジンを搭載した十二隻の船。ウルフから逃走するために建造され、その追跡を避けるためタウニュートリノの発生量は二桁に減らされている。ナイトシェード号に続き三隻がリサーガム星に来るが、先に地獄級兵器を手に入れていたゾディアカルライト号により、一隻が撃破された。
未完成交響曲
キーレンバッハによるもの。クラバインが快速船内で流した曲。
ゾディアカルライト号
クラバイン一行がリサーガム星への脚として、Hとスコーピオの協力によって強奪された船。慣性制御システムが搭載され、既存の船の数倍の機動力を持つ。全長4キロメートル。スコーピオの要望により、エルドリッチチャイルド号から改名された。
マンデルスタム規定
フェリスビル会議が制定した、恒久的死刑判決を受けた者のアルファレベル、ベータレベルの押収と破壊の権限を当局が持つという規定。
消し屋(イレイザーヘッド)
マンデルスタム規定に基づきアルファ/ベータレベル記録の消去を行う専門捜査官の通称。
[Edit]

登場人物

メインキャラクター

ネビル・クラバイン (Nevil Clavain)
スケイドが他の人類分派を見捨て、連接脳派だけ脱出船団で避難することを知り、再びの裏切りを決意する。船団のドックで快速船を奪い、追跡者からアントワネットの助けも借り切り抜ける。その後、無政府民主主義者と交渉に赴くが、Hに拉致される。その後、Hや他多くの人の助けを借り、近光速船をウルトラ属から強奪し、リサーガム星へ地獄級兵器を手に入れるため赴く。
アントワネット・バックス (Antoinette Bax)
ストームバード号の船長。禁制品等の密輸で生計を立てている。
ジムの埋葬のためタンジェリンドリームに接近した際エンジンが故障し、難破しかけたが、クラバインに救われた。
スケイド (Skade)
現在の連接脳派において、主導的な位置を占める人物。
かつてマドモワゼルの館を襲撃し、量子真空の技術を奪い去った。
スコーピオ (Scorpio)
伝説的なハイパー豚。
クラバインが撃墜した無政府民主主義者の船から捕虜として捕まった。犯罪者であるためフェリスビル会議へと引き渡される予定であったが、クラバイン追跡のため協力を依頼される。ミスター・ピンク (Mr. Pink) として、ミスター・クロックと共に行動するが、Hの要請を受け、仲間を招集し近光速船奪取に当たる。
後にゾディアカルライト号の船内三人委員の一人となる。

連接脳派

ガリアナ (Galiana)
深宇宙に旅立ったが、ウルフに襲われ  後に覚醒。
ルモントワール (Remontoire)
クラバインの盟友。
逃亡したクラバインを追って、ミスター・クロック (Mr Clock) と名乗りカルーセル・ニューコペンハーゲンのドックを訪れる。
フェルカ (Felka)
最古参のメンバーの一人であり、内部会にも参加している。。
工科マスター (Master of Works)
脱出船団の建造を担うサービター。アルファレベルに匹敵する知性を持つ。
デルマー (Delmar)
負傷したスケイドを治療した医師。リサーガム星へ赴いた三隻の内の、撃破された一隻に乗船しており死亡。
ヤストルーシュク (Jastrusiak)
慣性制御装置の専任技術者。第四状態の不具合により存在が消失。
モレンカ (Molenka)
慣性制御装置の専任技術者。ヤストルーシュクの消失後も彼のことを記憶していた。ナイトシェード号のタキオニック相への変換実験に失敗し、圧縮され死亡。

ストームバード号

ジェームズ・“ジム”・バックス (James "Jim" Bax)
アントワネットの父。生前の望み通り、アントワネットにより巨大ガス星の底に埋葬された。ライルの友人であり、彼が処刑された後、船のガンマレベル疑似人格とライルのアルファレベルを交換した。
ビースト (Beast)
ストームバード号の官制AI。しかし

イエローストーン星

マルスカ・ジュン (Maruska Chung)
連接脳派と交戦し死亡した船の船長。
ラッシャー (Lasher)
スコーピオの忠実な部下。フェリカ回収のために出されたシャトルの船員となったが、接近したシャトルに搭載されていたテラトン級の地殻貫通弾頭の爆発により死亡。
サンドラ・ボイ (Sandra Voi)
クラバインと対談した無政府民主主義者の代表。クラバインの旧友の子孫。
ジャイルズ・ペロテ (Giles Perotet)
無政府民主主義者の高官。

カルーセル・ニューコペンハーゲン

グザビエ・リウ (Xavier Liu)
経営に頭を悩ませる修理屋。アントワネットの友人。プロキシ機の攻撃により心停止状態に陥るが、スコーピオの協力もあり助かる。その後、ゾディアカルライト号の船員に加わる。
ライル・メリック (Lyle Merrick)
事故によりカルーセルに船体を衝突させ、数百人の犠牲者を出した。ジムによってアルファレベルがストームバードに匿われる。住民救出計画終了後、イリアと共にインヒビター攻撃に加わる。

リサーガム星

ヴュイユミエ/アナ・クーリ (“Vuilleumier/Ana Khouri)
外的脅威対策局の審問官。
イリア・ボリョーワ (Ilia Volyova)
リサーガム星で手配されている船内委員の一人。リサーガム星では、イリーナ (Irina)という名で潜伏していた。
ソーン (Thorn)
本名レンツォ。リサーガム星からの脱出を唱える活動家。インヒビターの攻撃からの星外避難のために、クーリとイリアから協力を依頼される。
ダン・シルベステ
現在はハデス星のマトリクス上に存在している。ロック星で事故により死にかけていたクーリとソーンを救う。

ノスタルジア・フォー・インフィニティ号

船長
融合疫の進行により、船体の大部分と融合している。

カズムシティ

H/ミラベル (H/Mirabel)
かつて多くの罪を犯し、今は贖罪のために生きる男。
ゼブラ (Zebra)
クラバインをHへと案内する。
マヌーキアン (Manoukhian)
パイロットの老人。かつてマドモアゼルに使えていた。
ツインズ (Twins)
Hの部下の双子。ゼブラと共に無政府民主主義者政府の船を襲い、クラバインを招いた。
マドモアゼル (Mademoiselle)
Hに先んじてウジ虫を手に入れ、その技術の研究を行っていた。その後Hにより殺されるが、その“輿”の中では、奇妙な現象が起きている。
ポーリーン・スホーイ (Pauline Sukhoi)
H配下の、プロジェクトメンバー。イヴを記憶する唯一の人物。ゾディアカルライト号に乗船し、慣性制御システムの管理を任される。たびたび、量子真空は「蛇の巣」だと警告する。
イヴ・メルシェ (Yves Mercier)
H配下の、プロジェクトメンバー。量子真空の実験中の事故により、存在が消された。

ゾディアカルライト号

シャドー (Shadow)
スコーピオの組織の幹部。スケイドが放ったセールへの回避動作による事故で死亡。
ブラッド (Blood)
スコーピオの組織の幹部。後に船内三人委員の一人となる。
クルーズ (Cruz)
隻眼の犯罪世界出身の女。後に船内三人委員の一人となる。

others

クエール (Quail)
スコーピオの記憶を奪い、戯れに狩ろうとした海賊。スコーピオの反撃に遭い、殺された。