※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Johnny’s heaven内での会話

「コーヒーをもらおうか」
「すわりなさい」
「さて、デンゼル。あまり時間がないからさっそく本題に入ろう」
「断っておくけど、我々は以前とはちがうんだ。志願者は誰でも歓迎していた時期は過ぎてしまった。
復興ボランティアになりたいなら地区のリーダーに連絡しなさいWROは今や軍隊だ」
「覚悟ね。よし、聞かせてもらおうか。まずはきみの経歴だ」
「わかっているよ。でも、十歳なりの経歴があるだろ?」

「困った親たちだな」
「言っておくが、わたしが知る限りスラムでもさすがにネズミは食べなかったぞ。食用ならともかく当時のスラムのネズミは――」
「ほう。何かあったのか?」

「ああ」
「憎ければ、わたしを好きにしてもいいぞ」

「まったく――暑いな。水をくれないかな」
「ずいぶんかわいい柄だな。女の子みたいだ」

「野菜でも育てるつもりだったのかな。田舎から来たお年寄りは、よくそういうことをするからね」

「あの頃はまだ星痕のことは何もわかっていなかったからね。ライフストリームを浴びた者はからだからウミを出して死ぬ。
触るとうつるという者もいた。実際はライフストリームに混じっていたジェノバの思念が――いや、わかっていたとしても状況は変わらなかっただろうね」
「うん」

「どうしたんだ?」
「その子に感謝、だな」

「どうしてかな?」
「リックスは?」
「良かった。仲直りのチャンスはまだある」

「最高の出会いがあったわけだ」

「まあね」
「いや」
「実は――WROには子供はいれないことになった」
「いや、今決めたんだ。きみの話を聞きながらね。子供には子供にしかできないことがある。きみにはそれをやってほしい」
「大人の力を呼び起こせ」
「ああ、それから――」
「母に良くしてくれて、ありがとう」
|