※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一番捨てるべきものを

びりびりと音を立てて破いて インクの色さえ見えなくした

カスタマイズされた生を レールのとおり辿った

チキンレースに出られるほど 心はいつも満たされていなかった

ごめんなさいと謝る夢を 何度も何度も、見た。



「すべての嘘にサヨナラを」



必要なものなんてこの体一つだけ

眠っているように 君の耳元で

「もう楽になっていいんだよ」と 呟いたなら

君は僕を手放してくれるかな

それともぎゅっと捕まえて

ここへおいで、と言うのかな



まだある何かを捨てなくちゃ

眠ったふりを見ないようになんてしないよ、もう。



2006/11/11 自由詩【すべての嘘にサヨナラを】words=Ree.