※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コピーの大前提

コピーはWi-Fiを使用するため無線LANなどのインターネット環境がなければ使用できません
コピーをする際、GTS(グローバル・トレード・センター)を使用しますのでクラシックリボンを所持したポケモンなど
交換に出せないポケモンはコピー出来ません
そういうポケモンの場合、改造機器が必要となります

コピーの仕方

コピーが分からない人へ(電波状況によるから回転数ははっきり といえません)

私のところでは、まずポケモンを預けます。(このときダークライ10以下という条件がお勧め)
そのとき、右下の時計らしきものが、僕のところでは7回転45分でタイミング良く消すと、GTSとボックスに残っているというものです。
たぶん、エラーなどでポケモンが消えることを任天堂本社が防ぐために、
預ける操作をする→GTSにポケモンが預けられる(このときまだボックスにもいます)→ボックスのポケモンのデータを消去する→あずけられる。
という手順なので、途中のいいところで消すとコピーできてるということになります。

ちなみに
状態1・ちゃんとセーブができてないので前のデータを読み込みます→GTSから主人公が出てくる。とコピーの可能性50%(タイミングはジャストですが絶対とはいえません)
状態2・ちゃんとセーブができてないので前のデータを読み込みます→受付嬢の前に主人公が立ってる。とコピーの可能性5%(これで出来てなかったら、タイミングが早すぎですね)
状態3・何も出ない(普通にタイトルからは入れた)→受付嬢の前に主人公がいる。
とコピーの確立100%(なぜだか分かりませんが、この状況だと100%です)
状態4・何も出ない(普通にタイトルからは入れた)→GTSから出てくる。
と普通にGTSに預けられている(タイミングが遅いんですね)

たまにGTSに入ってもポケモンが居なかったり、名前が「sずえfhyんじゅ」みたいに変な名前(改造をコピーした時にのみ生じる現象らしい)のときは、
GTSから一旦出て、もう一度アクセスすると治ります。それでも治らない場合は、何度も繰り返してください。(コピーしたポケが消えることはありますが、元のポケは消えません)
あとは、エラーが起きることがあります。
預ける際、思いっきり最初っからのエラーは(タイトルまで戻されます)改造ポケでフィルターにかかったためコピー不可なポケモンです。
預けようとして上と違う場合は、何らかの原因で【様子を見る】が【あずける】に変わったためにポケモンがかぶって預けようとされたために起きたエラーです。
一回GTSを出れば治ります。
他のエラーは大概は接続エラーなので電波のいいところでもう一度してみてください。

無理に進めようとすれば、元ポケが消えたりするかもしれません。そのような例があった場合はお知らせ願います。

プラチナでは消える可能性が高いようなのでしないようにお願いいたします
もし確実にコピーがしたい
クラシックリボンのもコピーしたい方は
CF(コードフリーク)などの改造ツールをご購入することをお勧めいたします
ですが、使い方によってはデータ消滅することもあります
もろいものですと、すぐ改造ツールが破損してしまいます
実際そのようなものを作るとすると2万ぐらいかかるので安価でこれは仕方ないのですが
使う際は説明書をよく読み安全に使用するようお願いします

改造ポケモンを交換することによるデータ破損は確実にありません
たまに誤解する方がいるようですがデータとしてあり得ませんので
ただ任天堂様が色々しているので改造ポケモン自体は対戦に出せないなど
色々と規制はあります
※転記する際はこのサイトのURLを記入の上貼ってください