※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

+ Chapter.2-4 +
『イロイロ更新』
2009/04/05 13:15


 (´・ω・)ノ毎度おなじみ聖さんでーす。

 各種リンクのはってあった文字の色替え、TOPの整理、新バナーの追加……などなど地味ながら多彩な更新作業をやっておりました。
 ただテーブルボーダーカラーの指定やテーブルワイドの指定をCSSカスタマイズでいじってあるので総てのテーブルが好き嫌いに関らずボーダーが#0066CCの青色になり、テーブルの横幅が500pxで固定です。
 リンクページとかがちょっと違和感……。
 まぁ、そのへんは追々リンクが増えてくると解決すると思います。



 しかし北のミサイル迎撃、結局しませんでしたね。
 たぶんやっても失敗するからでしょうが。
 失敗すれば『なんだ、どんだけ金かけても無駄じゃないか。防衛費減らせ』ってなるから、でしょうね。
『もっと防衛費があれば成功した』って論法もありえますが……『失敗するのわかっていて血税を無駄な兵器に使う浪費家に金なんぞやらん』って言われたらお終いですしネ。
 まぁ迎撃装置だってロハじゃないんですから一発カマスごとに血税が湯水の如く消費されるのなら使わないほうが良いですがね。
 ただ、使って失敗して破棄したほうが維持費とか整備費とかに金がかからない分長期的に見たら安上がりなのかもしれませんが。
 ……ま、んなこた政治業者に任せたい。
 私たちがやるべきことは『信頼できる政治家を選び、政策の失敗を批判し、清く正しく政治が行われるように監視する』ことですからね。
 政治の失敗は国民(有権者)の責任であり民主主義の腐敗とは賄賂を受け取る政治家ではなく賄賂を受け取る政治家を公然と批判できないこと、ですし。
 つまり……権力者の悪口を公言できる社会体制が民主主義なわけで……むしろ民主主義とはしばしば権力者の批判から生まれるものだし、悪口を公言できる間は腐っても鯛というべきか。

 ……まぁ、最近の日本政府は腐った雑魚ですが。
 人権擁護法案なんて言論統制の従兄弟だし。
 幼児ポルノ改悪なんて表現の自由の冒涜だし。

 ま、戦前の専制政治への国民批判から生まれた民主主義じゃない日本ですから、あまり期待はしてないけどね。なにより日本人という国民が民主主義に適した人種だとは思えないし。
 権力者に従順な精神的奴隷として日本国民ほど適した人間はそういないと思うね。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

QRコード




現在: 2
今日: -
昨日: -
合計: -



最新の十件

取得中です。

人気の5ページ



管理者専用ページ

+ ...