スポーツ仲裁裁判所


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スポーツ仲裁裁判所(スポーツちゅうさいさいばんしょ、CAS: Court of Arbitration for Sport)とは、国際オリンピック委員会によって1984年設立され、スポーツで起きたトラブルを、裁判所ではなく、スポーツ界の枠内で解決をめざすことを目的とした一審制の仲裁機関のことである。日本語では「国際スポーツ裁判所」「スポーツ裁判所」と訳されることも多い。

1994年にIOCから独立、スポーツ仲裁裁判所を運営するスポーツ仲裁国際理事会 (ICAS: The International Council of Arbittration for Sport) が設立された。

本部はスイスのローザンヌにあり、仲裁人は世界85カ国、250人強のスポーツ知識のある法律専門家で構成される。日本からの関係者は、原秋彦弁護士、小寺彰東大教授、沢田寿夫弁護士(ICC国際仲裁裁判所副所長)、横山潤一橋大教授らである。

Wikiより転載

原秋彦弁護士
http://www.hibiyapark.net/profiles/hara.html
日比谷パーク法律事務所
〒100-0006
東京都千代田区有楽町1丁目5番1号 日比谷マリンビル5階 (旧 朝日生命日比谷ビル)
(代表) TEL : 03-5532-8888 / FAX : 03-5532-8800
(国際部門代表) TEL : 03-5532-8088 / FAX : 03-5532-8087

小寺彰教授
http://www.kiss.c.u-tokyo.ac.jp/
東京大学大学院 総合文化研究科 国際社会科学
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。