第二十四話 鉄の双剣術師


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部屋に差し込む朝日、小鳥の鳴き声
そして縁側に二人の少女。

「今日も元気だ日光がうまい!」
「え!?前回相当傷あったじゃない!!?」
「やだなぁ、かなり前に治っちゃただろ?忘れたのかHAHAHA」
「ま、全く覚えていない…」



《説明しよう!これが俗に言う「キンクリ」である!》



「そーいや今日の掃除当番は俺だったな、早速着替えて行ってくるわ」
「私は掃除もやらせてたのね…」
「いやぁ、住まわせてもらってる以上最低限はしないとね、そろそろ人里での仕事も考えてるし」
「そ、そう…(何か知らないところで話が進みすぎてて怖いわ…」
「じゃあ行ってきまーす、朝飯はそこに作っといたから適当に食べてね!」
「い、いってらっしゃーい(朝食も…!?というか左腕だけ包帯ぐるぐる巻きにして治ってないじゃないの…」


居間のちゃぶ台に置かれている塩じゃけ
台所の鍋にはわかめの味噌汁があった


「モグモグ…(…美味い」


所変わって博麗神社の参道
箒を持ってあちらへこちらへと忙しない動きをしている


「これだけ掃いて回っても落ち葉が止まらない…季節かなぁ」
「そう、今は秋、そして秋と言えば虫の季節!」

「!?」


鳥居の上に二人の人影
…というか子供が立っていた


「あー、こら、どこの子か知らないけど危ないから降りてきなさい。というか鳥居は登るものじゃありません、神様に失礼です。」

見たところ片方は触角が生えている、虫の妖怪か…?
となるともう片方の黒い服のも何かしらの妖怪なのだろう


「君がチルノちゃんを倒したって言う涯莱陣だね?」
「そーなのかー」
「人の話を聞きなさい、それと文字で読むネタは止めなさい分かりづらいから」


どうやら彼らはこの間戦ったチルノの知り合いだそうだ
多少頭のネジが飛んでそうなところもよく似ている


「で、なんだ、仇打ちか?とりあえず説明するから降りてきなさい」
「その必要は無いよ、ね?ルーミア」
「そーなのかー」

話を聞かない彼らにあきれ果てていると、急にあたりが暗くなった
いや、暗いと言うよりは闇と言った方が近いか、わずかな光もない


「これは凄いな…ただ暗くしたところでそちらの利は少ないと思うが」
「確かに暗いだけならルーミアしか動けないから勝てるかどうかは分からないね、でもこれならどうかな!?」

暗闇に羽音だけが響き渡る
何だ?虫を使って何を…


「いくよ!」

少年が叫ぶと、周囲に一瞬閃光が走る

「暗所に慣れた目に対して真逆の刺激を与えるか…バカにしてはやる方だ」
等と行っている場合ではない、もろに食らってしまってめまいがする


「今だルーミア、食え!」
「いただきますなのかー」

「!!」

黒服の方がこちらに飛んでくるのが寸での所で見えた
ただ、反射的に左腕を出してしまう


次の瞬間、辺りに高い音が響いた


「よっし、そのまま噛みちぎれ!」
「♪…♪…?…!?…」

ギチギチとこすれあう音
しかし、左腕はまだ切れてはいない

「どうした暗闇野郎、しっかり味わえよ」
「は、はふぁいほふぁー」

左腕に噛みついたままの黒服に蹴りを入れる
後方へ吹っ飛んでいく拍子に、包帯の一部がちぎれて腕が顕わになる


「お前らよく見ておけ、これが世界の理を…」


包帯を掴み、腕から徐々に引き剥がす


「幻想とやらの領域を侵した咎人の姿だ!!」


左腕の全てが曝された
それは、とても生物の腕とは思えない黒金の輝きを放っている


「降りてこいよ虫野郎、頭の違いって奴を見せてやる」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。