一時間目 白墨


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「いてっ」

ボーっとしていた頭に先生が投げたチョークが見事に直撃
というかいまどきチョーク投げなんて珍しいね先生

「またか國本ぉ!こんどやったらチョーク入れたバケツ持たせて廊下立たせるぞ!」

チョークが好きですね先生
でも立ちたくなは無いな、授業に集中集中っと…

キーンコーンカーンコーン

「…っと、もう授業終わりか。それじゃあ教科書の18~21ページを読んでおくように、はい挨拶!」

(きりーつ、れーい、ちゃくせーき)

…中学校か小学校だよな、まるで

「へーいやまちー!」
「うぉっと、ぷーさんか、びっくりしたなぁ」
「ふっふっふー、また怒られてやんの」
「しょうがないだろー、考え事してたんだし…それより何か当たってるんだけど」
「人これを『当ててんのよ』という!」

後ろから抱きついて来てる女の子、「藤原 始音(ふじわら しおん)」
幼馴染で家が隣というとてつもなくベタな存在である

そんで抱きつかれてる男子、というか自分、「國本 大和(くにもと やまと)」
何てことは無い普通の学生である

「いや、特に嬉しくもないし重いから退いてくれんかな」
「ちぇーっ、なんだよ修行僧ー。傷つきました、私は深く傷つきました!」
「全く何でこーいうことしたがるのか…わかったよ、帰りにジュースおごってやるから許してくれ」
「メロンソーダで頼む、ちなみにやりたくなるのはああいう感覚だ、参考に見ておけ大和修行僧」

だから修行僧じゃないっての…
で、あの方向にいるのは…

「しぃぃぃちゃぁぁぁん!!一緒に帰ろぉぉぉっ!!」
「だから飛びつくのは止めてって湊ちゃん!あぁもう匂い嗅ぐのも止めてってぇぇぇ」


「な、ああいう感覚だ」
「正直分からん」

今飛びついた方が「白鳥 湊(しらとり みなと)」
たまにぷーさんと一緒になってちょっかいを出してくる、別に嫌ではないが

で、飛びつかれた方が「鴎ヶ崎 司織(かもがさき しおり)」
頭脳明晰、知識豊富。成績も良く、学級委員を務める。正直言って自分とは違う世界の人間だ

「なんだよぅつれないなぁ、女子に興味はありませんってか」
「まぁ今のところは…」
「何だやまちー、随分と羨ましい体勢になってるじゃないか」

茶化してきた男は「新城 克也(しんじょう かつや)」
ぷーさんと同じく彼も幼馴染である、家は隣ではないが

「城さんもやる?」
「いや、俺は同年代に興味は無いからいい」
「ちぇー、何だよみんなー」
「で、帰らないのか?」
「いや、帰りたいんだけどぷーさんが邪魔で立てない」
「何だいあたしが重いってのかいこの子はー、まぁ退くけど」
「そんじゃ帰るか、雑誌買いたいからコンビニ寄ってこうぜー」
「あ、そういやメロンソーダ奢ってもらうんだった!」

そういやそんなこと言ってしまったな、財布の中身いくらだっけ…
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。