第十一話 紅榴石の月


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「へぇ、こっちにもイウェカがあるのか」

こちらに来てから一週間、初めて夜の空気を吸う
何となく、元いた世界よりも時間の流れが遅い気がした

「しかし…こうしてると向こうが気になってくるなぁ」

元の世界ではとあるギルドに所属していたのだが…
自分が消えたことで何か騒ぎでも起こってるのではないだろうか、いや、そんなことはないか…

「どうしたんだ?こんな夜中にこんな所に飛んでるなんて」
「ん、あぁ魔理沙か。少しイウェカでも見たくなってな」
「い…うぇか…?あれは月だぜ?」
「へぇ、こっちじゃ月って呼ぶのか」
「そっちじゃイウェカって呼ぶんだな、というか急に月を見るなんて何かあったのか?」
「ん…まぁな」
「そうかそうか、私でよければ話くらい聞くぜ?」

「うむ…あっちの世界で俺はとあるギルドに所属してたんだけどな…」

そこのギルドで最高火力を誇ってたと言うのかな、それが存在意義で、自分自身だったんだ。
ところがある日、自分より上の人物がギルドに入っていて、自分である意義を失った…というより俺がただそう思ってただけだな。
そこからどうも空回りし始めて、何にでも特攻するようになっちまって、今思えば相当おかしかったな。
そんである日、ギルドのマスターにそれを窘められてな、そのギルドを辞めちまったんだ。

そこから少し放浪してたんだが、紆余曲折あって元のギルドに戻ったんだが…
そのマスターにも俺は負けていて、むしろ自分がかなり下の位置と言うのを思い知らされたな。
ギルドの雰囲気も変わっちまったし、何かがおかしい気がしてな…また辞めちまった。

今はまた戻ったけども…正直俺は弱い、自分が惨めに思えてくるんだ。

「この間アリスに負けた時だってそうだ、力を手に入れたと思っても俺はまだまだ弱いんだ…」

「…っこの馬鹿」


パァンッ


「!?」
「いいかプロト、お前は間違っている」
「どこが間違ってるって言うんだ…?力があれば何だって…」
「そこだ、この世の中、力が全てじゃないんだ」
「…どういうことだ?」

「いいか?全てのものに勝てると思っている人間がいたとしよう、そいつは一番弱いんだ」
「死んでもかまわないと言うだろう?そいつも一番弱いんだ」
「自分が弱いと感じて、自分の死に恐怖する…それが無ければ強くなんてなれないぜ」
「魔理沙…」

ギュッ
「!!?」
「巨大すぎる力はそいつをダメにする、急に大きな力なんて手に入れない方がいいんだ」
「魔…理沙?」
「お前は強いよ、ただ焦らなくていいんだ、ゆっくりと成長すればいい…人間なんてそんなもんだ」
「うん…うん…!」

大粒の涙があふれていることに気がついた
頭をなでられて安心したからだろうか、それとも自分が許された気がするからだろうか

どちらにしろ、清々しい




「あやや、何やら大変なところに出くわしてしまったようで」

「!?」

聞き覚えのない声がいきなり聞こえた

「しかしこれはスクープスクープ、写真は撮らせていただきましたよ❤」
「出たな悪徳新聞記者…」
「あら心外ですね、私はいたって真面目に記事を書いてるだけですよ?それがこの私、清く正しい射命丸です!」
「どうせこれも『霧雨魔理沙、新たな愛人!?』とか書くつもりなんだろ?」
「ご名答、よく分かりましたね!」
「よし、プロト、全力であいつのカメラを奪うぞ」

「うふふ、幻想郷最速に追いつけると思いで?」


いきなり何なんだこの展開、しかしあれを奪わなくては俺の立場が危うい、多分。







今回ネタが薄いな…
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。