第八話 愛は果てしなきViolence


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「んっ…そこだめぇ…」
「魔理沙はここが弱いのか、ふふっ」
「だめって…いってるだろ…っ」
「そんなこと言ってもここはガチガチだよぉ…?」
「こ…今度はこっちの番だっ」

ガバッ

「あっ…ずるい…っんぁ!」
「さっきの仕返しだっ」
「やぁ…らめぇ…」
「ふふっ、流石に揉み心地が違うな」
「あぁ…そこぉ…っ」
「ここか?ここがいいんだな?」
「あぁっ!来るっ、来るぅ!」



「…何やってるのよあんたら」
「「マッサージですが何か?」」
真顔で答える


「いやー、日ごろの特訓で体がギチギチで」
「で、私がマッサージするついでにお互いマッサージしようって話になったわけだ」
「それはいいんだけど何あの勘違いホイホイな表現、無駄に15行も使うんじゃないっての」
「いやぁ、それほどでも」
「褒めてねぇよ」

「さて、体もほぐれたし今日も特訓と行きますか」


ピンポーン


「ん、誰か来たみたいね」
「こ…この気配はッ!!」


バキィッ


「魔ぁぁぁ理ぃぃぃ沙ぁぁぁ!!!」
「ア…アリス…」
「聞いたわよ、なんか外来人とイチャコラしてるって…」
「い、いや、それには深い理由があって…」
「私というものがありながら…魔理沙…」

「俺は隠れてた方がいいのだろうなこの場合…」

「!!」


見 つ か っ た
もともとそうじゃないと話進まないんだろうけどね☆

「ヤバイ!逃げろプロト!!」
「私の魔理沙をたぶらかしたのは貴様かぶるぁぁぁぁぁぁ!!」


言うやいなやアリスは何やら人形を飛ばしてきた
手にはナイフが握られている


「うぉっとぉぉう!?」

目の前に鉛の壁を出し、ナイフを持った人形を弾く
なんつー物騒なもん持ってんだこいつ…


「縮こまってんじゃねぇぇぇ!!」

次にアリスは人形を投げてきた、放物線を描きこちらに飛んでくる


「避けろプロトーッ!!」

魔理沙の指示を聞き後ろに飛ぶ、その直後に人形が鉛壁に触れた


BOOOOOOOOMB!!


人形が爆発した、鉛の壁は無残にちぎれている
若干アメコミ風な表現は気にしない方がいい

「おいおいまじかよ…」

「男に後退の二文字はねぇぇぇ!!」


アリスの手に持った人形が光りだす、なんかいやな予感がするぞ…


「貴様の死に場所はここだぁぁぁ!!」


人形から一条の光が溢れだし、真横の空気をかすめて後ろへ届く
はるか後方で爆音が聞こえた気がした


「こ…このままじゃ死ぬ…!!」
「今死ねすぐ死ね骨まで砕けろぉぉぉ!!!」

「やむをえん…あれを使うか…」

プロトはポケットに手をやり、金属塊を取り出す
漢字で表わすと「木」のような形だ


「テックセッタァァァア!!!」






アリスさんの好物はメロンだそうです(嘘)

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。