第三話 何より速さが足りない


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~ドルアーガの塔・フロア2~


「ふぅ・・・2階到着!」


そして前の階と同じように探索を開始する。

するとやはりスライムを見つけた。

ただ、このスライムは先程のものとは少しばかり違うようだ。


「黒い・・・?それと少し素早いか・・・だが恐るるに足らず!」


exsisは自信満々にブラックスライムへと立ち向かう。


「食らえぇい!」


と、exsisが切りかかった瞬間、スライムはそれに合わせたように弱点を隠した。

そして勢い余ったexsisはスライムに直撃。


「あqwせdrfgtyふじこlp;」


声にならない叫びを発しながら床を転げまわるexsis。


「畜生スライム風情が・・・そうか!剣を出して自ら刺さるのを待てば・・・。」


予測は見事に的中、動き回るスライムは自ら剣に刺さった。


「そうか、スライム系はこうやって倒せばいいのかー。」


コツを得て調子に乗ったのか、exsisはフロア中のスライムを殲滅していた。


「ははは!スライムがゴミの様だ!・・・っと、宝箱はっけーん」


罠かどうかも疑わずに宝箱を開けるexsis。


「金のブーツかぁ・・・羽付いてるし何か高級そうだから履き替えちゃおーっと。」


と、exsisがブーツを履くと何やらブーツが一瞬光を発した。


「ん?何か光ったけど、って速っ!何コレ歩くの速っ!」


あまりの速さに何かが壊れたのか迷路を走り回る。


「わっはー!凄く速い!速い!よっしゃこの勢いで鍵ゲット&イン!」


本当にそのままの勢いで階段へ消えていった。










あとがき

ブラックスライムに手こずったのは自分だけじゃないはず、だと思いたい。

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。