第二話 震えるぞフット!燃え尽きるほどハード!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~ドルアーガの塔 フロア・1~


「あー・・・もう、とにかく登るしかないか。」


そう言ってexsisは塔の中を探索し始めた。

塔の内部は薄い壁によって仕切られ、迷路が作られている。

しばらくexsisが歩いていると、何かが動いているのを見つけた。


「何だコレ・・・」


動いていたものは、何やら緑色で半透明、全身がゼラチンのような物だった。


「こんな生物はじめて見たー、けど何か可愛い♪」


するとその生物は跳ねるような移動でexsisに近づいてきた。


「お、こっち来た、おいでおいdあqwせd痛っー!!」


緑色の生物が体に触れたとたんに痛みが走った。


「何コレ敵!?ていうか痛っ!!」


exsisは必死で剣を振り回すが、意味のない行為であった。


「何で切れない!?ていうか痛っ!メッチャ痛っ!・・・逃げる!!」


exsisは全速力で後ろに下がり、魔物との距離を開けた。


「でも・・・死なない生物なんて居ない、何かしら弱点が・・・」


振り向くと、その魔物は足を止めていた。

よく見るとその頂点になにやら丸いものが見える。


「何だあの丸いの、さっきは見えなかったけど・・・まさか!」


exsisは魔物に近づき、その丸いものを剣先で突いた。

すると、その周りを包んでいたゼリーのようなものは溶けて消えた。


「なるほど・・・行動する時だけ核をしまうのか・・・。」


何とか魔物を倒したexsisは更に探索を続け、道中で鍵を拾った。

その間に何匹か先程の魔物と遭遇したが、さほど苦労はしなかった。


「何かなー、こうもくねくねしてるとめんどくsへびゃんっ!!」


足元の何かにつまずき転ぶ。


「っつー・・・何コレ?」


つまづいた物は宝箱のような形をしていた。


「お宝?いや、でも罠かも・・・」


とは言いつつも欲には勝てず、exsisは箱を開けた。


「・・・つるはし?」


出てきたものは、古びた銅のツルハシだった。


「ちょっとボロいけど・・・これで壁壊せるかも!」


予測は的中した、銅のツルハシで思い切り壁を叩くと、見事に壁は崩れ落ちた。

…ツルハシもぐら付いたが。


「んー・・・何度か使ったら壊れちゃうかも、用心して使おう。」


そしてexsisは、丁度目の前にあった扉を先程入手した鍵で開けた。

中には階段が上に向かって続いている。


「なるほど、登るためには扉を開けなきゃならないのか。」


そしてexsisは階段を登っていく・・・。










あとがき

グリーンスライムの表現と倒し方に一番苦労したかもしれない第二話。
あと基本的に宝箱は都合よく出て都合よく開けます。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。