プロローグ 神だって悩んでるんです


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※注意
書いた人の脳内がぶっ壊れてるせいで元キャラクターとか完全無視です。
「読んでやろう」という方はどうぞよしなに。







































とある世界のとある場所、そこでは毎回さまざまな世界の神が集う会が開かれていた。

そしてとある神々の会話・・・

「聞いてよモリアンちゃーん、最近うちの世界でドルアーガとか言う悪魔が復活しちゃって大変なのよー。」

「あらイシターさん、対策とかはしてますの?」

「それが・・・巫女に退治に行かせたものの、負けて石にされちゃって。」

「まぁ・・・」

「その巫女の許婚にも黄金の鎧を与えたんだけど、スライムごときに一発でやられるようなヘタレだったのよー。」

「それはひどい・・・」

「そっちの世界に誰か強い戦士とか居ないかしら?良かったらこっちに借りたいんだけど・・・駄目?」

「んー・・・あんまり強いのだとこちらの世界にも支障が出ますから・・・」

「誰でもいいから・・・ね?」

「しょうがないですね・・・だったら・・・」



そのころ下界・・・


「ぶぇっくしょい!」

「ん?どうしたのexsis?」

「何でも無いー・・・誰か噂してるのかな?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。