バトルエンジン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Warmachine:wrathより導入された新しいカテゴリーのモデル。
それがバトルエンジンです。

特徴としては下記のようなものが挙げられます。

  • ウォリアーモデルでもウォージャックでもない。種別はバトルエンジン。
  • WJのようにシステムを持たない。
  • WJではないが、WJのようにリペアで修理できる。
  • ベースがラージベースより大きいヒュージベース。
  • パスファインダーを持っている。
  • プッシュされたり、スロー、スラムされたりせず、ノックダウンもしない。
  • クラウドエフェクトやフォレストの陰に隠れられない。
  • エレベーション、コンシール、カバーの修正を受けない。
  • バトルエンジンが他のモデルとインメレーであっても、バトルエンジンに対する射撃はインメレー修正を受けず、誤射もしない
  • フロントアークが二分割され、LやRと表記のある武器はそちら側のフロントアークしか攻撃できない。
  • お互いがモデルを配置する前に先攻後攻に関わりなく最初に配置する。

コストは9-10といったところで高めのWJ並み。
今のところ、WMではマーセナリーを除く
5ファクション分のデータが公開されています。


シグナー
ストームストライダー
射撃系バトルエンジン。長射程の砲を二門積んでいる。
ヒットしたモデルからd3発ライトニングアークも飛ぶ。
ダメージを受けるとトークンが3点まで溜まり、それを
使ってアタック、ダメージのブーストが可能。
近距離だと種別:エレクトリカルの射撃が当たりやすくなる。
地味に360度視界。あと、メレーでダメージを受けると
攻撃してきたモデルを1インチノックバックする。


カドーア
ガンキャリッジ
射撃系バトルエンジン。
AOE4の射撃を二つ持っている。その上AOEがラフテレイン化する。
また、馬の蹴りは当たるとノックダウンする。キャバルリーなので
インパクトアタックが可能で、トランプルも出来る。
射撃と接近戦の両方を同じターンに可能。


メノス
ヴェッセルオブジャッジメント
射撃系バトルエンジン。射撃にアドモニッシャーが
付いているので、ヒットした周囲のモデルも巻き込む。
とはいえ真価は身を削って使う奇跡にある。自分にダメージを入れて
ブーストしたり、三種類の奇跡を使える。


クライクス
レイスエンジン
接近系バトルエンジン。射撃の無い唯一のバトルエンジン。
二ターンに一回インコーポラル化したり
ソウルトークンも吸収可能。3点まで持てて
これを使ってブーストや追加攻撃が可能。
クラウドも出せる。またリーチとダークシュラウドも。
おまけにアパリションでコントロールフェイズの最後に
2インチ自分をリプレイスできる。


リトリビューション
アーケントリックフォースジェネレーター
射撃系バトルエンジン。
三種の弾を打ち分け、フロントアークから
チャージされない能力を持つ。
弾はノックダウン弾、AOE弾、連射弾の三つ。
移動放棄時、エイミングボーナスと共に
自分とB2Bしたモデルの両方のRNGを+2する。
地味にガンファイターがある。

今日 -
昨日 -
トータル -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。