ウォーマシンとの違い


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウォーマシンから始めて、ホードもやり始めた方への説明です。

1.FOCUSとFURYの違い。
FuryはFocus(FOC)と違って、毎ターン自動で回復しません。
使わなかった分が一度消えたりもしません。使わなかった分は
そのまま残ります。
ウォーロック(WL)のFuryポイントはコントロールフェイズ中に
エリア内のバトルグループ(BG)のWBが溜め込んだFuryを吸収する事で回復します。
吸収できるFuryポイントはFury値-現在保持しているFuryポイントの
差額です。その為、WLのアクティベーション中、余ったFuryポイントを
任意に捨てる事ができます。

WBが溜め込んだFuryポイントは、基本的にこの吸収によってのみ
取り除かれます。コントロールフェイズ中に吸収後も
Furyポイントを持っているWBは、スレッショルドチェックという判定を
行い、失敗すると暴走します。

FOCはWCが抱え込んでいるとARMの上昇をもたらしますが
Furyはそのような事は起きません。その代わり、Furyを
消費する事で受けたダメージをエリア内のBGのWBに
肩代わりさせる事ができます。

Furyは自分だけでなく、エリア内のBGのWBを
回復させる事ができます。1ポイントにつき1グリッドなのは
自分を治すときと同じです。

2.ウォージャックとウォービーストの違い。
WBはグリッドがマインド、ボディ、スピリットの三つに
分かれています。WJのようなシステムは無く、このアスペクトが
塗り潰されるとアスペクト毎のデメリットが生じます。(下記参照)
マインド:全てのアタックロールが-1d6。
ボディ:全てのダメージロールが-1d6。
スピリット:後述するフォースが出来なくなる。

WBはWLと違って、Furyを消費しません。
逆にWLにフォースされる事で、Furyを溜め込み
Fury消費と同じような効果を発揮します。
この時、WLのエリア内である必要があります。
またフォースされる回数はWB固有のFury値の数までです。

WBはそれぞれアニムスという物を持ちます。
これはスペルのような物で、フォースされる事で
規定のFuryポイントを溜め込み、効果を発揮します。

3.ウォーキャスター(WC)とウォーロック(WL)の違い。
WCと違って、WLはウォービーストに仕事をさせる為には
常にエリア内に捕捉している必要があります。
吸収できる数以上の回数、WBをフォースして暴れさせる事も
出来ますが、次ターン暴走の可能性が飛躍的に高まります。
また、Furyの供給はWBに依存しているので、WBが充分な数
入っていないとWBがやられた時にFuryの供給バランスが
極端に悪化します。最初の内はWBを多めにするといいでしょう。

スペルを比較すると分かるのですが、総じてWLはWCより
スペルの数が少ないです。これはWLの場合、エリア内の
WBのアニムスを借りて使う事が出来るからです。この時
アニムスはスペルとして扱われます。(使用にはFuryを消費します)
この為ホードの場合、WBのアニムスの為だけにWBを編成する
時があります。WBの基本の性能だけでなく、アニムスにも
目を配るとよいでしょう。


今日 -
昨日 -
トータル -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。